« 自分ではゴミを拾えないゴミ箱ロボット | トップページ | 京急線では品川駅の南に北品川駅があるって、知ってた? »

2013/11/24

「しがらみ」 という言葉

元々の意味の方はほとんど忘れ去られて、二義的に派生した意味の方が生き残っている言葉というのがある。「しがらみ」 というのはその代表格なんじゃないかと思う。

「しがらみ」 というのは、「浮世のしがらみ」 とか 「 恋のしがらみ」 など、なにかとうっとうしいもののことと思われているが、辞書で引くと 「柵」 あるいは 「笧」という漢字が出てきて、意味は次のようになっている。

1.水流をせき止めるために、川の中にくいを打ち並べて、それに木の枝や竹などを横に結びつけたもの。

2.引き留め、まとわりつくもの。じゃまをするもの。「世間の―」

つまり本来は川などの流れをせき止めるための仕掛けだったのだ。ところがそんなような仕掛けはあまり見られなくなったので、いつの間にか忘れ去られて、「浮世のしがらみ」 的な意味ばかりが生き残ってしまったようなのである。

百人一首に 「山川に風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり」 という歌がある。これなどはもろにもとの意味として歌われていて美しいものである。

|

« 自分ではゴミを拾えないゴミ箱ロボット | トップページ | 京急線では品川駅の南に北品川駅があるって、知ってた? »

言葉」カテゴリの記事

コメント

しにがみー!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

投稿: ひろゆき | 2013/11/30 00:26

アジャラカモクレン キューライソー テケレッツノパー

(この呪文を知らない方は、そのままググってみてください)

投稿: tak | 2013/11/30 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58637319

この記事へのトラックバック一覧です: 「しがらみ」 という言葉:

« 自分ではゴミを拾えないゴミ箱ロボット | トップページ | 京急線では品川駅の南に北品川駅があるって、知ってた? »