« 「山崎」 の読み方と、天ぷらの醤油/ソース問題 | トップページ | 廃油精製工場の爆発事故 »

2013/11/14

茨城県板東市の 「神田山」 という地名の読み方

茨城県板東市に 「神田山」 という地名がある。昔は猿島郡 (さしまぐん) 神田山村だったが、明治 22年に大口村、猫実村と合併し、神大実村(かみおおみむら)」 となった。何のことはない、それぞれから 1文字をとってつないだだけの地名である。こういうの、昔からあったんだなあ。

その後、昭和 30年に周囲の 8町村と合併して岩井町となり、平成の大合併で板東市となった後も 「神田山」 という地名は存続し、今でも国道 354号線を行くと、「神田山」 という名の交差点がある。これを私はずっと 「かんだやま」 と読むのだと思っていた。素直に読んだら、フツーはそうなるだろう。

ところが 15~6年前にこの近くに住む友人の家を訪ねることになり、電話で道順を聞くと、「そっちからだど、354号線をずっと来て、『かだやま』 交差点を右折して……」 と言う。

「ちょっと待って、『かだやま』 ってどこ?」
「ああ、『神田』 に 『山』 って書く交差点があるだろ」
「あぁ、あるね。でもあれって、『かだやま』 って読むんだったの?」
「うん、『かだやま』 ね」

その交差点の信号には、漢字で 「神田山」 と表記されているだけで、ローマ字表記はないのである。それで彼があまりにあっさりと 「かだやま」 と言うので、それ以来私は、板東市の 「神田山」 は 「かだやま」 と読むのだとばかり思ってきた。

ところがこの夏にちょっとした調べものをしたついでに、板東市の 「神田山」 の本当の読み方は 「かどやま」 だとわかったのである (参照)。私は茨城県に引っ越してきて以来、「神田山」 を 10年ぐらい 「かんだやま」 と誤読し、その後 15~6年にわたって 「かだやま」 と誤読してきたわけだ。

それにしても、どうして私の知人は 「かどやま」 を 「かだやま」 なんて誤読していたんだろう? 地元の住人のくせに、本当の読み方を知らなかったんだろうか? この謎を聞こうにも、彼は早死にしてしまってもうこの世にいないので、確かめようもない。

しかしつい最近になって気付いたのである。あの辺りの人たちは大抵、「神田山」 を 「かだやま」 と言うのである。しかし本来の読みを知らないわけでは決してなく、意識の中では 「かどやま」 と、きちんと認識しているようなのだ。正確に言うと、彼らが 「かどやま」 と発音すると、フツーの耳には 「かだやま」 と聞こえるのである。

それどころか、自分で言うとどうしても 「かだやま」 に聞こえる発音になるばかりでなく、私に 「あれって、『かだやま』 って読むんだったの?」 と聞かれても、「うん、『かだやま』 ね」 と答える。

これって、「かどやま」 の発音の中の 2音目の 「ど」 が、その前後に連なる 「あ列」 の発音に引きずられて、「だ」 に変化してしまうのだとしか考えられない。

そして発音が 「かだやま」 に変化した後でも、当人はあくまでも 「かどやま」 と言っているつもりなのである、さらに、他人が明確に (あいまい母音なしに) 「かだやま」 と発音するのを聞いても、それが 「神田山」 の文脈である限り、何のことなく 「かどやま」 と聞こえるようなのだ。

うちの田舎の庄内人が、「寿司」 と言っているつもりで 「すす」 と言い、「梨」 と言っているつもりで 「なす」 と言い、「父」 と言っているつもりで 「つづ」 と言うのも、こんなようなものなのだろうか。「言文一致」 などと簡単に言うが、発音のレベルまで踏み込んだら、完全な一致なんて、かなり難しいのである。

|

« 「山崎」 の読み方と、天ぷらの醤油/ソース問題 | トップページ | 廃油精製工場の爆発事故 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58574777

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県板東市の 「神田山」 という地名の読み方:

« 「山崎」 の読み方と、天ぷらの醤油/ソース問題 | トップページ | 廃油精製工場の爆発事故 »