« 東京オリンピックが錦の御旗になってしまったようで | トップページ | 東京都知事選のありがた迷惑 »

2014/01/20

鳥取県にスタバがないからって、それがどうした

鳥取県というところは、日本でただ 1つ、スターバックスが 1店もない県なのだそうだ。お隣の島根県は、昨年松江市に第 1号店ができ、この春には出雲に 第 2号店ができるという (参照) のに。

ちなみに鳥取県というのは、私がまだ行ったことのない唯一の県だ。なるほど、スタバがないのでは、私が行く用事のできないのも無理からぬことと、つい思いそうになってしまうではないか。

鳥取県の人口は長らく 60万人弱と思ってきたが、Wikipedia によると 2013年 12月 1日の推定人口は 577,337人ということになっていて、58万人をも切っている。千葉県の船橋市や鹿児島市でさえ (「さえ」 は余計か?) 人口 60万人を越えるというのに、鳥取県の人口はそれらの市より少ない。

鳥取県の人口にほぼ匹敵するのは、579,800人ぐらいという東京都八王子市だが、鳥取県はこの八王子市にもわずかに及ばない。約 55万人の杉並区よりは多いが、当然ながら人口密度はずっと低い。なるほど、これではスタバが出店しても、大した儲けにはならないだろう。

しかし、人口というのは多けりゃいいってものじゃない。田舎には田舎の良さというものがある。ここまで書いてきて私は、自らのただ 1つ未踏県となった鳥取県に、行ってみたくてたまらなくなっている。行っても、鳥取砂丘以外にはとりたてて何もないかもしれないが、その何もなさを味わってみたい。

鳥取県はお隣の島根県をかなり意識しているようで、平井伸治知事が 「鳥取にはスタバはないですけれども、日本一のスナバ (砂場) があります」 などとコメントしているらしい。さらに、鳥取県というところはちょっとしたコーヒー文化をもっているという。

総務省の家計調査によると、鳥取県は平成 22~24年の1世帯当たりのコーヒー豆や粉などの購入数量が全国トップなのだそうだ。購入数量はトップでも、金額となると 4位というのが、ちょっと悲しいといえば悲しいが、おいしいコーヒーを淹れて飲むという文化は確実に存在するのだろう。

それだけに、ローカルではこだわりの専門店も数多くあって、関係者は 「スタバの出店時は、覚悟して来てほしい」 と話しているというのである。これはなかなか手強そうだ。鳥取ならではのコーヒーというのは、どんな感じなのだろう。

私としてもそのうち、最後の未踏県である鳥取県にも行く仕事ができることと思うが、その時がきたら鳥取のコーヒーを心して味わって、このブログに書いてみたいと思う。

|

« 東京オリンピックが錦の御旗になってしまったようで | トップページ | 東京都知事選のありがた迷惑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58945976

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取県にスタバがないからって、それがどうした:

« 東京オリンピックが錦の御旗になってしまったようで | トップページ | 東京都知事選のありがた迷惑 »