« 無免許運転は案外多い | トップページ | レーザー・プリンターが安くなっている »

2014/01/13

「古典落語がわからない」 というおっさん

年上の知人に 『笑点』 のファンがいる。あれの 「大喜利」 が好きなのだそうだ。だったら、一緒に寄席に行こうかと誘うと、あまり乗り気ではなさそうである。どうしてなのかと思ったところ、彼は 「古典落語がわからない」 と告白した。

彼は前に、志ん生の CD を買ったのだそうだ。ところがその内容がわからなくて、全然楽しめなかったというのである。いやはや、驚いた。彼の生まれは終戦の少し前で、いわゆる 「団塊の世代」 よりもほんの少しだけ年上なのだ。今どきの若いモンならいざ知らず、戦中派にも古典落語がわからない人がいるとは知らなかった。

志ん生がわからないなら、文楽はもっとわからないだろう。いや、もしかしたら、志ん生はわからなくても、文楽なら行儀がいいだけ案外受け入れらるかもしれない。先代の金馬あたりなら、かなりわかりやすいと思うが、談志なんか聞かせたら、落語というジャンルそのものが嫌いになってしまうおそれがある。

最初に聞いた演目にも、印象が左右されるかも知れない。『饅頭こわい』 とか 『長屋の花見』 みたいな滑稽噺なら大丈夫かとも思ったが、いや、もしかして 「歯が弱くなったからかまぼこが食べづらい」 とか 「酒は灘ですかい、伏見ですかい」 「宇治だよ」 なんてくすぐりに戸惑ったりしたら、ちょっとお手上げだ。

『湯屋番』 とか 『船徳』 とかいう若旦那ものは、昔の道楽の世界がわかっていないと、何が面白いのか、通じないかもしれない。それなら 『道具屋』 とか 『牛ほめ』 とかの与太郎噺ならいいかといわれると、下手したら聞いてる方が与太郎になりかねない危険性がある。

人情噺でも 『芝浜』 ならわかりやすいかもしれないが、噺の初めの方で 「暗い沖に白帆が見えて」 「何を 『かっぽれ』 みたいなことを言ってるんだい、お前さん」 なんてな軽口を混ぜられたら、それだけで 「???」 になってしまいかねない。危ない危ない。

ましてや 『仲蔵』 みたいな濃い芝居噺なんて、忠臣蔵の芝居の知識がなかったら本当には楽しめない。『明烏』 といった郭噺も、今となってはよっぽど説明を加えて演ってくれないと、チンプンカンプンになってしまうだろう。しかし説明が行き届きすぎても無粋になってしまうから、匙加減がむずかしい。

結局のところ、古典落語は数聞いて、その世界に慣れていくしかないのだろう。こうなってしまうと、本当に 「特殊な世界の娯楽」 なんてことになりかねないのが恐い。

|

« 無免許運転は案外多い | トップページ | レーザー・プリンターが安くなっている »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58921396

この記事へのトラックバック一覧です: 「古典落語がわからない」 というおっさん:

« 無免許運転は案外多い | トップページ | レーザー・プリンターが安くなっている »