« 梅の開花が遅い | トップページ | Radiko の改善 »

2014/03/13

今さらながら、「真実」 と 「事実」 のニュアンスの違い

STAP 細胞関連の論文に関する疑義が巷の話題だが、その中身に関しては、私のような門外漢には難しすぎて、口を挟む気になれない。そうでなくても万能細胞の研究開発には、興味はあるが、人類にとって是非とも必要なものとは思っていない。人類があまり勝手に操作したら大変なことになるから、高いハードルでプログラムされているのかもしれないし。

昨日、車を運転しながらラジオを聞いていたら、この問題に関して聴取者から寄せられた意見を紹介するコーナーがあった。その中で、「自分の知人にも科学者がいるが、彼らは研究において 『真実』 のみを大切にする。『真実』 かどうか疑わしいものを根拠にすることはありえない」 という意見が紹介された。

これを聞いていて、私は、「うーん、この人、もう少し言葉の選択に気をつけるべきなんじゃないかなあ」 と思ったのである。この人の文脈の中では、「真実」 という単語がそぐわない。ここは 「事実」 というべきところである。

で、この人の指摘の中にある 「真実」 という単語を 「事実」 に置き換えれさえすれば、至極もっともな指摘で、文句の付けどころがないぐらいである。ただ、もっともすぎて面白くもなんともないので、「そんなの、当たり前じゃん」 と言われるだけの話だ。「真実」 なんて単語を使うから、自分でずいぶん高尚なことを言っているように錯覚してしまう。

「事実」 と 「真実」 の違いに関しては、いろいろな人がいろいろなことを言っているが、私としては、「事実」 というのは時空内の個別の事項であると思っている。個別の 「事実」 を積み重ねて論理的にとことん突き詰め、さらに鋭い直観の助けをも借りてようやく見え隠れしてくるのが、 「真実」 というものなんじゃないかなあ。「真実」 って、それくらい重いものだ。

ほかに、今では古典的用法になってしまったような気もするが、「真実の友」 とか 「真実、お前と添ひ遂げたいのぢゃ」 みたいな、主観的かつ心情的な言い方もあり、そこはそれ、パラダイムによって使い分ければいい。ただ、「真実」 という単語にはこうしたニュアンスも含まれるので、科学者の研究の根拠という意味で使うのは、ますますそぐわないだろう。

|

« 梅の開花が遅い | トップページ | Radiko の改善 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

> 科学者の研究の根拠という意味で使うのは、ますますそぐわないだろう。

まったくその通りですね。

私の考えとしては、
「事実」は人の意思を介さないもの。事象。現象。
「真実」は人が納得したもの。
…と思っています。

「事実」はいくら積み重ねても真実にはなりません。
事実のままです。
逆に「真実」は、事実すらなくても、自身や他者が
そう思うならば成立するものだと思っています。

『○○が私にとっての真実である』という
言い方があるくらいですから、
真実とは「人間の思い込み」くらいに考えています。

…ですので、相手から「真実」という言葉が出てきたら
私は反射的に疑ってしまいますねw。

投稿: るー | 2014/03/13 13:00

るー さん:

>相手から「真実」という言葉が出てきたら
>私は反射的に疑ってしまいますねw。

たしかに、「真実」の安売り屋さんには、気をつけた方がいいですね。

投稿: tak | 2014/03/13 15:01

40年ほど前になりますが、ある大学の先生に、商品説明?の折りに「絶対なになに、、、」とお話しましたら、
「絶対とは百万分の1くらいの確率に対応する、いい加減なことを言うな」って。それ以来「絶対」って言葉、使わなくなりました。真実もそんな感じでしょうか。
お話の研究者、「『真実』 のみを大切にする」、どんな
研究されているのか興味がありますねぇ。

投稿: coolbaby | 2014/03/13 19:05

coolbaby さん:

>絶対とは百万分の1くらいの確率に対応する

へぇ! ずいぶん緩やかな 「絶対」 ですね。

それだと、「そんな人は絶対にいない」 と言われるような人が、日本に 100人以上いてもいいことになります。

私は自ら認めるアスペルガー一歩手前ですから 「絶対」 とは、とにかく文字通り 「絶対」 なのだと思っています。

それで、「降水確率 ゼロ・パーセント」 なんていわれると、ちょっと居心地悪いです。
「もしちょっとでも降ったら、どうしてくれるんだ」 と。

>お話の研究者、「『真実』 のみを大切にする」、どんな
>研究されているのか興味がありますねぇ。

そうですね。どんな研究なんだろう ? (^o^)

投稿: tak | 2014/03/13 19:26

英語では"truth"と"Truth (capital T)"を区別していますね。聴取者のおっしゃる「真実」はおそらく大文字の方(一般的な日本語訳は「真理」かな)のことだと思いますが、もし科学がそれだけを追究していたら、幅は狭いしちっとも発展しないでしょうね。

私の知人にも科学者がいますが、彼らのやっていることは家族や知人にはさっぱり伝わらず、本人たちも伝える努力をほとんどしていません。私のやっていることも彼らには伝わりません。そういうもんです。

投稿: emi | 2014/03/13 21:06

emi さん:

大文字で始まる "Truth" は、経験から、「宗教的、哲学的な意味合いなんだろうな」 と思っていて、まあ、これで大きく間違ってはいないんでしょうね。

ただ、日本の英語教育では、そんなことは教えられたことがないので、普通の人はそんな違いがあるなんてことも知らないと思います。

>私の知人にも科学者がいますが、彼らのやっていることは家族や知人にはさっぱり伝わらず、本人たちも伝える努力をほとんどしていません。

彼らが 日常的に「真実」 を研究してるんだったら、しつこくつきまとってでも聞き出したいですけどね (^o^)

投稿: tak | 2014/03/13 22:31

真実と事実
な~るほど。わかりました。sun


STAP細胞がほんとうにできたのならいいですよね。
現在、大騒ぎしてる証明の段階の(へたなこと)があったとしても、すぐにうつくしい形で論文を直せると思うから。
待ちましょう~cat

投稿: tokiko6565 | 2014/03/15 08:02

tokiko さん:

>現在、大騒ぎしてる証明の段階の(へたなこと)があったとしても、すぐにうつくしい形で論文を直せると思うから。

誤解を招く言い方かもしれませんが、今の騒動はほんの少し 「いじめ」 の要素が混じっているのではないかと思っています。

ただ、小保方さんが大学の後輩だからといって、肩を持ってるわけではありません ^^;)

投稿: tak | 2014/03/15 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/59284726

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながら、「真実」 と 「事実」 のニュアンスの違い:

« 梅の開花が遅い | トップページ | Radiko の改善 »