« Mac と Chrome は相性が悪いようだ | トップページ | ヨーロッパで 「最高のでき」 といわれた CM も »

2014/04/17

Mac でも ATOK と 「スコアメーカー」 が使いたいので

昨日は Mac と Chrome との相性が悪いので、Safar に乗り換えたという話を書いた。今年 1月に Windows 7 から Mac に乗り換えて、心配していたような問題もほとんどなく、日に日に Mac ユーザーらしくなってきている私だが、あえて言えば 2つほど不満がある。

一つ目は、日本語変換機能の問題だ。Mac のデフォルトの日本語入力システムは 「ことえり」 というもので、昔はかなりおばかだったという噂を聞くが、使ってみた限りでは 「まあまあ、使える」 という印象をもっている。ならば満足すればいいのだが、なまじ 「まあまあ、使える」 というレベルなので、ATOK に乗り換えるチャンスを逸しかけている。

「ことえり」 に関する私の 「まあまあ、使える」 という評価は、裏を返せば、今年 1月まで長年にわたって使い続けてきた ATOK に比べれば、「かなり落ちるよね」 ということだ。ことえりに大きな不満はないのだが、微妙なところで今イチ、「うぅむ、こいつ気がきかんな」 と思うことがある。

例えば上述の 「気がきかん」 というフレーズは、ATOK で入力すれば問題なく一発で 「気がきかん」 になるのだが、ことえりだと 「木が帰還」 なんてことになる。こんなようなことが頻発すると、ちょっとストレスになる。

噂によれば 「Google 日本語入力」 というのがかなり使いやすいらしいのだが、私としては 「ことえり」 を捨てるのだったら、文句なしに ATOK にしたいと思っている。それは ATOK が 「文語」 に対応しているからだ。私は 「和歌ログ」 というサイトで、古語で旧仮名使いの歌を詠んでいるので、文語モードで入力が可能な ATOK だとメチャクチャ快適なのだ。

どのくらい快適かというと、ほぼ 6年前に 「ATOK の文語モード試しみむとて 」 という記事を皮切りに連続 3日間、文語で書いたが、かなりさくさく入力できた。あの快適さが思い出されて、そろそろ ATOK に乗り換えようかなと思い始めている。問題は iPhone、iPad と登録単語共有をするのに、一手間か二手間余計にかかるのではないかということで、その辺りを見極めようとしているところだ。

二つ目の問題は、Windows で使っていた 「スコアメーカー」 という DTM ソフトが使えなくなったことだ。「スコアメーカー」 は河合楽器によるもので、自分で楽譜を入力するのが基本という、かなりアナログな発想の DTM ソフトなのだ。私は自慢じゃないが、あの佐村河内なんとかという人と違って、自分で楽譜が書けるので、作曲はアナログに近い方がやりやすいのである。

これは作曲ではなく編曲だが、私の出身校である 酒田東高校の校歌を 「スコアメーカー」 を使って器楽曲にしたのをアップロードしてあるので、こちら で試しに聞いてみていただきたい。結構使えるでしょ。

Mac でも Garage Band という DTM アプリが無料で使えるが、楽譜ベースじゃないので、取っ付きにくいのだよね。私としてはどうも、音楽に関してはかなりアナログな人なのだ。

というわけで、私は 「スコアメーカー」 を使いたいがために、Mac にも Windows をインストールしてしまおうかなどと思い始めているのである。ああ、お金のかかることだ。

|

« Mac と Chrome は相性が悪いようだ | トップページ | ヨーロッパで 「最高のでき」 といわれた CM も »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/59486003

この記事へのトラックバック一覧です: Mac でも ATOK と 「スコアメーカー」 が使いたいので:

« Mac と Chrome は相性が悪いようだ | トップページ | ヨーロッパで 「最高のでき」 といわれた CM も »