« 私はジャストシステムの 「シルバー会員」 なんだそうだ | トップページ | 要りもしないモノを押しつけるために余計な手間をかけるキャンペーン »

2014/05/28

「ソフトバンクからの依頼で電話回線が切り替えられた」 件について

"「KDDIがソフトバンクからの依頼で勝手に電話回線契約を解約した」事件、解決へ" という Slashdot の記事の見出しに、私のアンテナがビビッと反応した。「ソフトバンク、まだそんなあこぎなことをやってるのか!」 と疑ったのである。まあ、実際にはソフトバンク本体ではなく、悪質な代理店の仕業なのだろうけど。

この記事の内容は、次のようなことである。(上記の記事より引用)

この事件は、切通理作氏の実家の固定電話が突然使えなくなり、電話回線の契約をしているKDDIに確認したところ、「ソフトバンクから要請があったから解約した」 と言われたというもの。ソフトバンクと契約を行ったことはないとして KDDI に確認を求めたものの、「工事済で復旧不能。使いたければ新規契約を」 との回答しか得られなかった、という。KDDIのミスか、それともソフトバンクが勝手に契約をでっちあげたのか、などと Twitter 上ではさまざまな説が出ていたのだが、実際には So-net との契約トラブルが原因で電話が使えなくなっていたことが後に判明したという。

具体的には、So-net がインターネットの回線工事の際に光電話への切り替え工事も行っており、かつその実家では光電話では使えないビジネスフォンを使っていたために電話が使えなくなっていたそうだ。

しかしこの説明では、ソフトバンクがどう関わっているのか、さっぱりわからない。それで、私は自分の経験に照らし合わせて、ソフトバンクの悪質な代理店が契約をでっち上げたのではないかと疑っている。

私の経験というのは、10年前にさかのぼるが、ソフトバンク・グループの Yahoo BB からの勧誘電話に、妻が 「それでは資料を送ってください」 と返事したら、送られてきたのは資料ではなく、「お申し込み受け付け完了のお知らせ」  という書類がだった。

中身を見ると、「このたびは Yahoo! BB ならびに BB フォンサービスにお申し込みいただきまして、まことにありがとうございます。お客様のお申し込みを承りましたことをお知らせいたします」 と、実にふざけたことが書いてある (詳しくは こちら)。この書類によると、何日後だかに、Yahoo BB 回線への切り替え工事が行われるという。

当時、我が家はフレッツ ADSL 回線を使用していたから、 NTT 東日本に電話して、「いくら申請が出されても、当人に確認しなければ、工事はしませんよね」 と聞くと、「いや、NTT としては、申請を受理した以上、スケジュール通りに工事を行うことになります」 と、乱暴なことをいう。それであわてて、「それは差し止めてくれ」 と申し入れた。

さらに、この 「お申し込み受け付け完了のお知らせ」 というふざけた書類を送ってよこした、(有) サイバーワンという会社に電話を入れると、済ました声で 「それではキャンセル手続きをとります」 と言う。この種のクレームにはかなり慣れた様子だ。

私は 「ふざけるんじゃない、契約してもいないものが、どうして 『キャンセル』 なんだ。それをいうなら、『無効手続き』 だろう」 と、強行に怒ってみせて、もし回線関連で実質的な迷惑を被ったら、すぐに警察に訴えると通告した。

まあ、実際には回線切り替え工事は行われなかったので、不都合は生じなかったが、今回話題になったケースでは、でっち上げられた契約に沿って、妙な回線切り替えが行われたのではないかと、私は疑っているのである。どうもソフトバンク・グループでは、昔からこの種の話題が多いみたいなのだ。

というわけで、ご忠告しておく。なにかの勧誘の電話があっても、こちらの住所なんか絶対に教えてはならない。よくある投資詐欺などでも、ハンコを押させてナンボだというのに、電話一本で契約をでっち上げられてはたまらない。

ちなみに、いつの間にか自宅の電話回線の請求がソフトバンクから来るようになっていて、「おかしいなあ」 と思いつつも 「不都合はないから、ま、いいか」 ですませている人は、全国にかなり多いんじゃないかと思う。あるいは支払先が変わっていることすら意識していない人もいるだろう。

その程度で済めばいいが、「ルーターがつながらなくなった」とか 「プロバイダーのサービスが受けられなくなった」とかで表面化する例もあると思う。インターネットをまともに使っていない家庭ほど、ほとんど意識することなく、いつの間にかソフトバンクになったりしてるんだろうね。

|

« 私はジャストシステムの 「シルバー会員」 なんだそうだ | トップページ | 要りもしないモノを押しつけるために余計な手間をかけるキャンペーン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ソフトバンク傘下のyahooBB の代理店が、阿漕な営業をしていることは、孫さんも重々承知しているでしょうね。

しかし、“契約数がそれでどんどん増えていくんだから、しょうがないんだよね、それに悪いのは代理店で、こっちじゃないもんね”というのが、孫さんの本音でしょう。

その辺りの事情は、NTTグループ、KDDIグループ、Softbankグループ みな同じですね。

皮肉にも、YAHOO 知恵袋には、“キャリアそのものであるかのような語り口で強引に勧誘する電話営業に関する質問(悩み)が後を絶たない。

いい加減社会問題になってもいいと思うが、なんせ、莫大な広告費を使ってくれる相手なので、新聞社もテレビ局も黙っているしかないのでしょう。

私はOCN なので、よくOCN のサイトを見ますが、ある時“MM月末までならキャンペーン価格でxx円という広告をよく目ににしていましたが、気を付けてみているとキャンペーン期間が次から次へと四ヶ月ずつ延長され、最初の告知から二年も経っていました。

OCN にメールを出し“それって不当表示じゃないの?
キャンペーンはいつ終わるの?キャンペーン終了後は価格はいくらになるの?と質問したら、なしのつぶてでした。

再度、強い内容のメールを出したら、“不当表示”はやっととまりました。

この業界はフライングなんてたいしたことないと考えてるみたいですね。やはり、大広告主は強い。

私のところに代理店から電話があったら、徹底的にやっつけてやろうと手ぐすね引いて待っているのですが、どういう訳か全く電話が来ない。残念。

投稿: ハマッコー | 2014/05/29 02:49

ハマッコー さん:

>皮肉にも、YAHOO 知恵袋には、“キャリアそのものであるかのような語り口で強引に勧誘する電話営業に関する質問(悩み)が後を絶たない。

なるほど、「yahoo知恵袋 電話回線 勧誘」でググったら、すごいことになってますね (^o^)

私は最近は、仕事関係はすべてケータイでこなしてますので、家電(いえでん)にかかってくる電話のほとんどは、なにかの勧誘です。

キャンペーン期間の自動延長(?)には、私も気付いています。これはあざとすぎるんじゃないかと思いますね。

確かに「不当表示」の疑いありありです。

>いい加減社会問題になってもいいと思うが、なんせ、莫大な広告費を使ってくれる相手なので、新聞社もテレビ局も黙っているしかないのでしょう。

そうなんですよ。
マスコミを信じていたら、世の中わからなくなっちゃいます。

投稿: tak | 2014/05/29 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/59720300

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソフトバンクからの依頼で電話回線が切り替えられた」 件について:

« 私はジャストシステムの 「シルバー会員」 なんだそうだ | トップページ | 要りもしないモノを押しつけるために余計な手間をかけるキャンペーン »