« 「インシデント」 という言葉 | トップページ | 日本人と仕事の関わり »

2014/05/04

仕事が嫌いなくせに丁寧な仕事をする日本人

世の中はゴールデン・ウィークである。しかしながら、独立事業主の私はそんなことはまったく関係なく、5月 2日から 2泊 3日で北海道に出張し、今日帰ってきたばかりである。そして明日も明後日も仕事だ。

もっとも、平日でも予定がなければのんびりするし、要するに世間並の曜日や祝日に縛られないだけで、割と自由に仕事を組めるというメリットはある。ただ、フツーの会社員並みの 「休日」 があるかといえば、ないだろうなと思う。休日はないが、デスクワークなら自宅でできるし、満員電車に揺られて出勤しなくて済むというのは、大きなアドバンテージだ。

よく日本人は勤勉だという。日本人の仕事は、おしなべて丁寧であり、その製品やサービスは平均的に、時には過剰品質じゃないかというほどクォリティが高く、信頼がおける。そして多くの日本人は文句も言わずにサービス残業ををし、バカンスなんてまとめて 1週間も取れない。

だったら、日本人は仕事が好きかといえば、そうじゃない。各種の調査によると、日本人は 「仕事が好きじゃない」 「仕事が嫌い」 と答える比率が、世界一高いのである。唯一肩を並べるのが中国人で、大抵の調査で、両国民ともに 「好きじゃない」 「嫌い」 を合わせて 90%を超える。こんなのは、世界でも珍しいらしい。

中国人は仕事が嫌いで、その仕事の丁寧さも大したことないが、日本人は不思議なことに、嫌いなくせに仕事が丁寧なのである。これは世界の常識で考えればミステリーだ。

つまり、日本人は 「強いられて」 というか、「周りに合わせて」 というか、「空気を読んで」 というか、好きでもない仕事を、丁寧にせざるを得ないように自分を追い込んでいるのである。いや、自分を追い込まざるを得ないから、仕事が嫌いになるのかもしれず、これは卵と鶏のようなもので、どっちが先なのかわからない。

で、ほとんど全員で 「空気を読んでいる」 わけだから、まさに 「共同幻想」 で勤勉な仕事をしているのである。別の言い方をすれば、「みんなで平等に苦労する」 ことに、日本人はあまり抵抗がなく、「一人で楽しむ」 というのが苦手なのだ。さらに一人で楽しむ者は、周囲から理不尽な圧迫まで受ける。

だから、たとえ楽しんでいたとしても、そう思われないようによそおう。苦労しているような素振りをする。ほとんど全員が苦労しているような素振りだけすると、ごく少数の有能な勤労者は、実質的には結構仕事に貢献していても、楽しそうにしているだけで、出世できなくなったりする。逆に言えば、無能でも上司と一緒に苦労している素振りをして、一緒に酒を飲むだけで、ある程度の出世はできる。

日本の勤労者の有給休暇取得率は、ものすごく低い。これも 「周囲の目があって、休暇を取りにくい」 とかいう 「空気」 に支配されているからだろう。きっちり休暇を取れば心身ともにリフレッシュされて、仕事をするモチベーションも上がるというのに、休暇を取れずに、嫌々ながら 「丁寧な仕事」 をしているのが、日本人である。

ちなみに、新卒で就職を希望する連中の、「入りたい会社の条件」 というのを正直に挙げさせたら、「休みの多い会社」 というのはかなり上位に入るはずだ。だったら、「有給休暇を取りやすい企業風土」 を売り物にすれば、優秀な人材が獲得しやすいだろうに、企業はそうしない。休みたがるのは無能なやつだけだと思い込んでいる。

もっといえば、有給休暇が取れないのは、かつかつの人数で仕事をまわしていて、職場に余裕がないからである。だったら、有給休暇を取りやすいように企業がきちんと適正な人数を雇用すれば、失業率も減るのである。

なぜか日本の企業というのは、休みたい者を休ませず、仕事のモチベーションを高める努力もせず、嫌々ながら仕方なく働いている者を、無理矢理に丁寧な仕事に追い込み、失業率が改善しないように仕組んでいるわけだ。

こんな状況が続くと、滅私奉公の文字など自分の辞書にない層が被雇用者の大部分になる近未来において、日本の産業が疲弊してしまうことは、火を見るより明らかだ。

|

« 「インシデント」 という言葉 | トップページ | 日本人と仕事の関わり »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~tak-shonaiさんすばらしい考察ですね~~うがってますぅ~
私達夫婦がその見本のような人間ですね~
日本人の典型ですかね?

でも、よくよく内心に問うてみれば、
好きではないし、逃げたいのだけれど、こころの奥の奥底では仕事を楽しんでいるのかもしれない・・・?
何だろう・・・・?


投稿: tokiko6565 | 2014/05/05 07:48

tokiko さん:

まあ、「大変だ、大変だ」 と言いながら、何とかこなしているのは、心の奥底で 「大変」 とは正反対のベクトルを生み出しているからでしょうね。

それに、どんなことでも、楽しいといえば楽しいですからね。

人間の心根というのは、表面的なことだけでは推し量れませんね。

投稿: tak | 2014/05/05 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/59582650

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事が嫌いなくせに丁寧な仕事をする日本人:

« 「インシデント」 という言葉 | トップページ | 日本人と仕事の関わり »