« 「顎関節症」 というもの その2 (あくびとイカとパンに注意) | トップページ | スマホ普及率と、日本の平和 »

2014/07/28

こいしんじょっとう?

Google News の 「スポーツ」 の項目に、「鯉新助っ投ヒース、虎ゴメスは抑えた」 という見出しがあった。 「鯉」 だの 「虎」 だのいうのだから、プロ野球の話題だろうというところまでは想像できたが、「こいしんじょっとうヒース」 になると、わけわからん。しばらく悩んでしまった。

まあ、しばらくといっても 1分足らずで、最終的には、「新助っ投」 というのが、「新加入の 『助っ人投手』 って意味かも知れない」 と推理できた。ということは、これ 「しんすけっと (う)」 と読まなければいけないのかな。

スポーツ新聞の見出しは、時々 「ひねり」 のオンパレードみたいなことがあるが、あんまりやりすぎて、阪神が連敗した時の 「ファンも泣いトラ」 とか、ホークスが連勝した時の 「どうだ、見タカ!」 とかは、もう陳腐化してしまった感がある。

さらに意味よりもインパクト優先みたいなところがあって、時々ぎょっとすることがある。だいぶ前に見かけたのが 「復帰後初H」 というもので、これ 「初ヒット」 ということのようなのだが、ちょっとどぎまぎしそうではある。

あんまり暑くて頭がぼうっとしているので、今日のところは、お馬鹿な話題で失礼。

|

« 「顎関節症」 というもの その2 (あくびとイカとパンに注意) | トップページ | スマホ普及率と、日本の平和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Webの見出しだと、文字数の制限があるなかに内容を集約しなければならなくて、難しいんでしょうネ。おまけにインパクト性も加味しなくてはならず。
どうしても1字オーバーしてしまうからといって、紙媒体のように長体はかけられないし。
なんだコレ?と思わせたら「つかみはOK」なんでしょうな。ただし、「うそ・おおげさ・まぎらわしい」はNGでっせ!がんばってね!

投稿: のうさぎまるこ | 2014/07/28 21:57

のうさぎまるこ さん:

Web の見出しでも、とくに字数制限があるとは聞いたことがないんですけどね。

突飛な表現が多いのは、むしろ紙媒体の方で (^o^)

投稿: tak | 2014/07/28 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60051397

この記事へのトラックバック一覧です: こいしんじょっとう?:

« 「顎関節症」 というもの その2 (あくびとイカとパンに注意) | トップページ | スマホ普及率と、日本の平和 »