« 思いやりの心があれば、ストレスなんて怖くない その 2 | トップページ | 「号泣」 という言葉のインフレに歯止めがかかった »

2014/07/03

ネット上の都合のよすぎるプロパガンダ

例のセクハラ野次の関連で、塩村都議にケネディ米大使から 「激励の手紙」 が届いたという件で、某 SNS に "これは、「もう終わりにして、これ以上何も言わず大人しくしろ」 というメッセージ" という投稿をしている御仁がいるのを発見して、驚いた。この投稿はさらに "こんな風に公開するアホな塩村 ……" 云々と続いている。

炎上などの事態は私の本意ではないのでソースは敢えて明らかにしないが、いわゆるネトウヨと言われる人たちの中には、いや、ネトウヨだけじゃなく、サヨクの中にもだが、何でもかんでも自分の都合で解釈して、大声でプロパガンダしたがる人たちがいる。

これはお行儀のよくないことだと、私は思っている。まあ、ウヨクとサヨクの違いは、ウヨクの方が高圧的で、サヨクはまるで被害者みたいな言い方というところだが、行儀のよくないことについては同じことだ。

ケネディ大使からの手紙は、読売新聞によれば 「1枚の用紙の表と裏に直筆で」 書かれたものだという。それならば、米国大使館のレターヘッドを使ったオフィシャルなものではなく、あくまで 「私信」 と考えるのが常識だ。米大使としてのオフィシャルな通信だったら、ワープロで打って、ソースを自分の手元に残す。

だから、米政府として 「もうこれで終わりにしろ」 という通告の意味でよこしたなんて深読みは不要である。敢えて手書きにしたのは、「インティメットな 『私信』 なので、余計な詮索はしないで結構」 という言外の意思表示と受け取ればいい。

つまり、書面に書かれた内容を素直に受け取ればいいのだ。「これで終わりにしろ」 なんていうメッセージを読み取れなんてことになると、キャロライン・ケネディのキャラからして、「そんな寝業師と思われるのは不本意」 ということになるのではなかろうか。

そして私信の内容は趣旨だけが伝えられて、詳細は公開されていないのでわからないが、それはとりもなおさず 「こんな風に公開するアホな塩村」 という非難も当たらないということである。

世の中には、塩村都議がバラエティ・タレント出身で、チャラい過去をもっているから、あの程度の野次はされて当然というようなことを、平然と言う向きもあるようだが、相手がどうあれ、議会でのセクハラ野次の免罪符にはならない。

私は世のネトウヨの一部の、口汚い物言いやヘイトスピーチを悲しむものである。ああしたコメントは、天皇陛下のお目に決して触れさせたくないと思う。きっと心を痛められるだろうから。

なお、ここでの話題とは直接の関連性はないが、「ヘイトスピーチなら韓国の方がずっと上」 という指摘もある。ただそれは、今さら言わなくても既に多くの方がわかっていることなので、ここでは敢えて蒸し返さない。

|

« 思いやりの心があれば、ストレスなんて怖くない その 2 | トップページ | 「号泣」 という言葉のインフレに歯止めがかかった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

まったくその通りだと感じています。
本当に行儀の悪い人が多い…。
〉ああしたコメントは、天皇陛下のお目に決して触れさせたくないと思う。 きっと心を痛められるだろうから。
私も以前、同じようなコメントを書いたことがあるのですが
「天皇陛下の御心を忖度するのは不敬だ」と返されました。

投稿: 市川 ヒロシ | 2014/07/04 18:27

市川 ヒロシ さん:

コメント、ありがとうございます。

>私も以前、同じようなコメントを書いたことがあるのですが
>「天皇陛下の御心を忖度するのは不敬だ」と返されました。

大御心に思いをいたさずして、いかに忠を尽くさむやと思いますがね。

投稿: tak | 2014/07/04 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/59923497

この記事へのトラックバック一覧です: ネット上の都合のよすぎるプロパガンダ:

« 思いやりの心があれば、ストレスなんて怖くない その 2 | トップページ | 「号泣」 という言葉のインフレに歯止めがかかった »