« 「脱法ハーブ」 をキメて運転したら、どんな罰則規定に該当するのか? | トップページ | 「PC の時代」 は来年終わる »

2014/07/07

七夕とお盆の季節感

今日は 7月 7日。新暦の 「七夕」 だが、空はどんよりとして時々小雨が降る。夜になっても天の川は見えそうにない。運転しながらラジオを聞いていたら、パーソナリティが 「幼稚園の頃から、七夕の行事とかあったけど、必ず雨になってた」 と言っていた。

それはさもありなんというところで、何度も書いているが、新暦 7月 7日の七夕というのはとんでもない設定なのである。というのは、本来の七夕は旧暦の行事なのだ。

私の故郷を初めとして東北では一般的に 「月遅れの七夕」 として、8月 7日が七夕祭りである。あの有名な仙台の七夕もそうだ。しかし本来はそれでも早すぎるぐらいのもので、旧暦の 7月 7日は、新暦の 8月の半ば以降になることが多い。なにしろ歳時記でも、七夕は秋の季語なのだから。

東北生まれの私なんぞは、東京に出てきて七夕が新暦で祝われるのを目の当たりにして、「梅雨も明けないうちの七夕では、織姫と彦星が気の毒すぎる」 と思ったものである。本来の七夕の季節感は、立秋を過ぎて夕暮れが早くなり、暗くなったら少しは涼しい風も吹いて、夜空も澄み渡る頃というイメージなのである。

ところが、関東育ちの人間にとっての七夕というのは、全然違う季節感になっているらしい。「夏の初めに、短冊に願い事を書いて飾る行事」 というのが、最大公約数的なところなんだそうだ。「夏の初め」 というのが、私にとっては本当にびっくりである。

彼らに取っては幼稚園で短冊に願い事を書くというのがメイン・イベントだから、完全に昼間の行事になってしまい、「七夕」 の 「夕」 という字の意味が消えてしまっている。なにしろ夏至のすぐ後で、いつまでも明るくてなかなか日が暮れないのだからしょうがない。これでは、歳時記が成立しなくなってしまう。

そういえば、お盆というのも関東では 「新盆」 というところが多いようなのである。7月の半ばにお盆をやってしまうようなのだ。そういえば最近、スーパーに行くとお盆のお飾り用の品物がずらりと並んでいる。

しかしお盆ばかりは 8月の 「旧盆」 が日本の主流であるようだ。関東の人間がどっと帰省する東北地方では、今でもほとんどが旧盆なので、「お盆休み」 と言ったら大抵は 8月の休暇を指す。

それにあの原爆記念日と終戦記念日が 8月なのだから、現代の日本人の心情としても、お盆は 8月の方がしっくり来る。

|

« 「脱法ハーブ」 をキメて運転したら、どんな罰則規定に該当するのか? | トップページ | 「PC の時代」 は来年終わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/59943881

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕とお盆の季節感:

« 「脱法ハーブ」 をキメて運転したら、どんな罰則規定に該当するのか? | トップページ | 「PC の時代」 は来年終わる »