« 妙に美し過ぎる理想を掲げたブラック企業の落とし穴 | トップページ | 負けが見えた時の、ほろ苦さと甘酸っぱさの入り交じった感覚 »

2014/08/15

原爆の悲劇を世界に知らせるための、ドンキホーテ的試み

産経新聞に 「【鈍機翁のため息】」 (「ドンキホーテの〜」 と読むらしい) というコラムがある。筆者は桑原聡という建築家で、ちょっと前まで雑誌 『正論』 の編集長も務めていたらしい。

私はこのコラムを全然意識していなかったのだが、8月 13日付の 「間奏 II キホーテのような山本夏彦」 というタイトルに釣られて読んでみた。「間奏 II」 というのだから、「間奏 I」 も当然あるはずで、それは前日の 「間奏 I エノラ・ゲイ搭乗員の死」 というものだった。

2回連続のコラムは、日本が独立を回復した昭和 27年の夏 (この夏に私は生まれたのだがね) に発行された 「アサヒグラフ」 に載った広島原爆投下直後の写真について、故・山本夏彦氏が昭和 54年に 「原爆記念日を期して私はこの写真を千万枚億万枚複写して、世界中にばらまきたい」 と書いたことを紹介している。

桑原氏が 「夏彦がこれほど感情を露わにした文章を書くのは珍しい」 と書かれているように、確かにいつもの山本夏彦節ではない。特別の思い入れを感じる。彼は次のようにも書いているという。

無数の航空機に満載して、いっせいに飛びたって同日同時刻、アメリカでヨーロッパでソ連で中国で、高く低く空からばらまきたい。

言うはやすく行うは難いと言うな。正体不明の航空機は撃ち落されるなどと言うな。その気があって万難を排せば出来る。『赤十字』 のしるしをつけたらどうか。ただ日本人にそれをやる気がないだけである。

山本夏彦氏が、米国軍による広島、長崎への原爆投下に、尋常以上に強い憤りを覚えていたことを物語るものである。

考えてみればまさにその通りで、これは 「過ちは繰り返しません」 みたいなきれい事では済まない。今の世の中で、いくら戦争状態にあるとはいえ、10万人規模の民間人を犠牲にする原爆投下なんてことをやったら、国際世論でどれだけボコボコにされるか、一瞬でいいから考えてみるがいい。

山本夏彦氏の提唱した 「写真を飛行機でばらまく」 というアイデアは実行されなかったが、今の世の中にはインターネットというものがある。インターネットでの拡散を呼びかければ、彼の言った写真の多くは、世界中に見てもらうことができるはずだ。

というわけで、山本氏の遺志実現に曲がりなりにも協力する意味で、原爆写真のグーグル検索結果に飛ぶためのリンクページを作成してみた。下手に編集するより、検索結果を生のままで出す方がいいと思ったので、あえてシンプルなものにした。

世界中にみてもらうためなので、説明は英語で書かれている。原爆の悲惨さを訴求する画像ページは決して少なくないが、終戦記念日の今日、私のサイトもその中の一つとして連なろうと思う。

こちら をクリックすると、そのページに飛ぶ。よろしければ、拡散にご協力いただきたい。

|

« 妙に美し過ぎる理想を掲げたブラック企業の落とし穴 | トップページ | 負けが見えた時の、ほろ苦さと甘酸っぱさの入り交じった感覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60148183

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の悲劇を世界に知らせるための、ドンキホーテ的試み:

« 妙に美し過ぎる理想を掲げたブラック企業の落とし穴 | トップページ | 負けが見えた時の、ほろ苦さと甘酸っぱさの入り交じった感覚 »