« iOS 8 へのアップデートでユーザ辞書が消えても慌てないこと | トップページ | 梅干しと味噌汁 »

2014/09/29

「アジアトップクラスの英語」 を目指すんだそうだが

英語教育の在り方に関する有識者会議」 というのが、文部科学省によって設置されていて、このほど 「アジアトップクラスの英語力育成」 という目標を達成するための提言書をまとめたのだそうだ。大学入試での評価方法を見直し、具体的な学習到達目標を定めて小学校から一貫した教育に取り組むなどの内容だという。

日本の英語教育をどうこうするという問題については、私は昔から 「きちんとしたニーズがあって、英語ができれば高収入につながるというインセンティブさえあれば、放っておいても英語のできるやつは育つ」 と思っている。日本人の英語力が育たないのは、そうしたニーズもインセンティブもないからだ。

私は以前、外国向けの繊維情報誌に英語で記事を書いたり、外資系の繊維プロモーション団体でパブリシティ文書の翻訳を専門にしていた時期がある。海外出張では英語をしゃべりまくって、そのおかげで日が暮れる頃には神経がどっと疲れまくって、夜遊びする余裕もなくベッドに倒れ込んだりしていた。

今は英語の最前線から離れて久しいので、かなりさび付いてしまっているが、まあ、商売のタネにできるほどの英語力は保持していたのである。発音だって、自慢じゃないが、日本人離れした流ちょうなものである。

ただ、あまり流ちょうに聞こえすぎるのも考え物で、相手のネイティブが安心してすごい早口でしゃべり出すので、こっちは焦ってしまうという逆効果が生じる。だから私は、意識してあまり流ちょうに聞こえない程度の話し方をしていた。その方が、相手がスピードを手加減してくれて、聞き取るのが楽なのである。

そんな程度の英語力でも日本では、私が英語圏への留学経験があるとか、少なくとも英文科出身なのだろうとか誤解されていた。ところが私は、留学なんてしたことがないし、大学では日本の古典芸能 (主に歌舞伎) なんていう専攻で修士号をもらったのである。英語とはまったくかけ離れた分野が専門だったのだ。

せいぜい中学校の頃に英語塾に通っていた程度で、 専門的な英語教育を受けた経験なんて全然ない。ただ 「英語が好き」 で、英語の授業が苦にならなかったというだけである。私の場合は、それで金を儲けようなんていう欲がなかった分、楽しく学べたのかもしれない。

そんなわけで、私の英語は特別な高収入になんて、全然結びつかなかった。大した金にならなかったから、あっさりと別の分野に転職してしまったのである。仮にもっと高収入があったら、私はずっと自分の特技を生かした仕事を続けていたことだろうと思う。

とまあ、最初の話に戻るが、日本では英語が多少できたからといって、それほどの見返りなんてないのである。逆に 「英語使い」 というのは 「専門職扱い」 されて、特別な目でみられがちだ。つまり、「翻訳が必要な時に、ちょっと呼んでくればいい存在」 と、一段低く見られてしまいかねないのだ。

さらに、「英語使い」 というのは 「欧米かぶれ」 しているので、日本型のビジネスに使えないとか、「酒の席での話題が合わずに、場持ちが悪い」 とかいって、敬遠されてしまうことさえあるのである。そんなわけで私は、「俺は、単なる 『英語使い』 ってわけじゃないからね!」 とばかり、英語の仕事から離れたのである。

必死に金をかけて学んだわけじゃなく、「フツーにやってるうちに、いつの間にか仕事に使えるぐらいには身についちゃった」 程度のことなので、何の未練もなく転職することができた。こんなのは、英語教育を語る際に参考になるケースとはいえないだろうなあ。

他のアジア諸国のように、英語ができないと、対外的なビジネスができないとか、そもそも自国語の高度な専門書がないので、英語が読めないと専門技術さえ学べないとか、さらに言えば、自国に高度な学問をする場がないので、海外留学するしかないとか、そんなようなことがあれば、嫌でも英語は上達する。

日本では、外国のニュースがすぐに翻訳付きで紹介されるし、外国で話題になった書物はちょっと待てば翻訳出版されるし、そもそも日本人だけを相手にしていても、十分に食っていける。フツーに暮らしている限りは、英語を話す必要に迫られることなんて、1年に 1度もない。

米国の名前も知らない大学を出たなんていう学歴だと、「日本ではまともな大学に入れなかったやつ」 と思われてしまう。まあ、「お前、何年も米国の大学にいた割には、簡単な英語もわかってないみたいだなあ」 と言いたくなるようなやつも多いので、なんとも言いようがないが。

とまあ、こんな環境では、必死になって英語を学ぶ必要なんて、さらさらないのである。だから、「聞き流すだけで、知らないうちにペラペラしゃべり出せる」 とかいう神話が生まれるのだ。日本人にとっての英語は、こうした神話が発生してしまうほど、全然身近じゃない存在なのである。

「アジアトップクラスの英語」 というのも、私にとっては神話にしか聞こえないのだがなあ。本気でそれを目指すなら、英語を神話の領域から引きずり落として、身近な存在にするしかない。「有識者会議」 なんて開いているうちは、全然身近じゃないよね。

|

« iOS 8 へのアップデートでユーザ辞書が消えても慌てないこと | トップページ | 梅干しと味噌汁 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60396227

この記事へのトラックバック一覧です: 「アジアトップクラスの英語」 を目指すんだそうだが:

« iOS 8 へのアップデートでユーザ辞書が消えても慌てないこと | トップページ | 梅干しと味噌汁 »