« iPhone 6 を買うための行列 | トップページ | カタルーニャの独立機運 »

2014/09/20

スコットランドの独立は否決されたが

スコットランドの過半数の人たちは、「スコットランドの国民であると同時に、連合王国の一員でもありたい」 という意思表示をした。他国のことだから、私ごときがどうこう言っても仕方がないが、個人的には賢明な選択だったと思う。

住民投票で独立は否決されたが、いずれにしても大幅な自治権拡大を約束されている。この約束が反古にされることは、まずないだろう。あとは、どのレベルまでの自治権を得られるかで、それは今後のネゴシエーションにかかっている。

私が面白いと思ったのは、スコットランドの住民が投票前のキャンペーンでアピール用に使っていたプラカードである。賛成派が "Yes" のカードを掲げていたのに対し、反対派は "No Thanks" のカードを持っていた。

"No Thanks" (あるいは "no thank you")は、普通には 「結構です」 と訳すことになっているが、直訳的には 「ありがたくない」 という意味では決してなく (日常の会話でそんなこと言ったら、喧嘩になるでしょ)、「いらないけど、まあ、いずれにしても気にかけてくれてありがとうね」 といったニュアンスである。

このプラカードを見て、「独立しなくても、自治権が大幅に拡大されるんだから、いずれにしても我々の勝ちさ」 と言わんばかりと、私は感じてしまったのだった。

さすが、「大人の 対応」 である。

|

« iPhone 6 を買うための行列 | トップページ | カタルーニャの独立機運 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60347442

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドの独立は否決されたが:

« iPhone 6 を買うための行列 | トップページ | カタルーニャの独立機運 »