« iPhone 6 を手に入れてしまった | トップページ | iOS への忠誠度が低下? »

2014/10/10

「アメリカンライス」 というもの

All About に 「アメリカンライス」 なる珍メニューが紹介されている (参照)。ある特定の店のオリジナル・メニューというわけでもなく、似ているようでなんとなく違ってもいて、でもやっぱりどこか似ているというような、いわく言いがたい品が、あちこちのレストランで展開されているらしい。

その名前の由来は、「アメリケーヌ・ソース」 を使っているからではないかという説が有力のようなのだ。アメリケーヌ・ソースというのは、Wikipedia によると 「アメリカ風のソース」 ということで、エビの殻を炒めることで赤い色素を強調しているものなのだそうだ。詳しい話は、Wikipedia へどうぞ (参照)。

とはいえ、各地のアメリカンライスをみると、「アメリケーヌ・ソース説」 を裏付けるものもあるが、それとは関係なさそうなものもある。単に 「ライスの上にアメリカっぽい具材を載せたもの」 としか言えなさそうなのもや、店名にちなんだだけだろうというのもある。

確実に言えるのは、米国のレストランで 「アメリカン・ライス」 と注文しても絶対に通じないだろうということだ。米国のコーヒーショップで 「アメリカン・コーヒー」 を注文しても通じないのと同様である。ただし Starbucks には "cafe Americano" というメニューがあるけどね。

それにしても気になるのは、フツーは、"American rice" と言ってしまったら、「アメリカの米」 ってことになるんじゃなかろうかということだ。無理矢理に日本語にしてしまえば、「米米 (べいまい)」 である。

そうか、あの 「米米 CLUB」 は、アメリカン・ライス・クラブであったのか。なんとなくそれで納得してしまいそうなのがコワいぐらいである。

|

« iPhone 6 を手に入れてしまった | トップページ | iOS への忠誠度が低下? »

世間話」カテゴリの記事

コメント

アメリカンライスではないのですが、偶然にも数日前に「アメリカンソース」を使った料理を食べました。

夫が好きで、もう何年も前から(10年近く経つと思う)ストックしていた「アメリカンソース」の缶詰。
場所塞ぎだから処分しますよと言ったら、翌日、鯛を買って来て、アメリカンソースのパスタを作ってくれました。
結構、おいしかった。(笑)

▽アメリカンソース(ハインツ)
http://www.heinz.co.jp/products/s-selection/01.html

tak さん、「ごちそうさま」のコメント返しはダメよぉ〜。

投稿: さくら | 2014/10/11 12:37

さくら さん:

へえ、ハインツでは 「アメリケーヌ・ソース」じゃなく、「アメリカンソース」なんですね。いや、それ以前にそういう商品が缶詰として流通していたということが驚きでした。

未知の味です。そのうち試してみたいと思います。

投稿: tak | 2014/10/11 16:17

パリ在住アメリカ人のブログにこんなのがあります。
What is ‘American Sauce’?
http://www.theparisblog.com/what-is-american-sauce/

...as you can imagine, all of my European friends were quite surprised to learn that we don’t have “American Sauce” in America.
というコメントもありますね。

投稿: emi | 2014/10/12 06:03

アメリカンコーヒーと同じですね。
機内サービスで、"Japanese tea" があって、さらに「日本茶」なんていうんですから、日本人て案外イケてるかも。

投稿: tak | 2014/10/13 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60451904

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカンライス」 というもの:

« iPhone 6 を手に入れてしまった | トップページ | iOS への忠誠度が低下? »