« 昆虫の写真が気持ち悪くてどうする | トップページ | 還暦をしばらく過ぎて、初めて 「不惑感覚」 を知る »

2014/11/29

高齢者のエスカレーター転落事故に思う

駅エスカレーターで転倒、77歳男性死亡」 というニュースを読んで、ちょっと気分が暗くなってしまった。3人の高齢男性が 1段おきにエスカレーターに乗り、一番上の男性が後ろに話しかけようとしたところ足を踏み外し、そのまま転げ落ちて、一番下の男性が後頭部を強打して亡くなったのだという。

この 3人は一緒にゴルフを楽しんでの帰路だったというのだから、足元が覚束ないほどのよぼよぼ爺さんだったというわけでもないだろう。ただ、ゴルフの後に一緒に食事をして帰る途中だったというから、多分お酒は飲んでいたのだろうね。一日歩き回ってちょっと酔っ払ったら、足元が少しふらついていたとしても不思議ではない。

日本は高齢者がどんどん増加しているから、今後はこうした事故が増えるだろう。エスカレーターに乗っていると、上から爺さんが束になって落っこちてくる可能性があるのだから、油断ならない。

日常生活でも、高齢者の体力や判断力、認知力の衰えによる 「ヒヤリハッと」 体験が多くなってきた。車を運転していて、横道から老人の運転している車が出てきかかったら、いつでもブレーキを踏めるように準備する方がいい。

高齢者の視界はかなり狭くなっているので、こちらが近付くのを認識できず、直前に飛び出してくることが多い。私は今年になってからでも、そうした体験を 2〜3度している。

1度などは、向こうもやたら慎重に見えたので、こちらが近付いているのをちゃんと認識していると思っていたが、まるで危険な距離に十分に近付くのをわざわざ待ち受けていたかのように、あり得ないタイミングでいきなり飛び出してきた。こちらはなんとなく嫌な予感がして減速していたので、間一髪で急ブレーキをかけることができた。こんな場合の高齢者は多分、子どもより始末が悪い。

そうでなくても、最近は田舎に帰ると道路上の車の流れがやたらトロいことに気付く。昔はいくら田舎でも、こんなに遅くなかった。しかし最近は高齢者ばかりなので、制限速度 50km/h の道の流れが、45km/h ぐらいということが多くなった。それでいて、誰もイライラしている様子もなく、それが標準スピードになっている。

こうなると、日本社会はますます余計なお世話やうっとうしい規制ばかりが多くなって、自由な振る舞いがしにくくなるのだろう。例えば日本のエスカレーターでエンドレスに流されている 「手すりにおつかまりになり、黄色い線の内側に......」 なんていう類いのうっとうしいのが、世の中にあふれてくるに違いない。

最近はさらにびっくりしたのだが、あるショッピングセンターでエスカレーターに乗っているとき、英語で "Attention please" と言い出したので、何かと思ったら、”When you take a escalator, please hold the side belt, and keep inside the yellow line..." なんてのが続いたので、こけそうになった。

日本語でやられても、ただうっとうしいだけでびっくりはしないのだが、英語でいきなり  "Attention please"  なんてやられると、何事かと思うよね。

このエスカレーターのアナウンス、そのうち 「後ろを振り向く際には、足を滑らせないよう十分にご注意ください」 なんて文言が加えられるんじゃないかと、半ば本気で心配になった。

|

« 昆虫の写真が気持ち悪くてどうする | トップページ | 還暦をしばらく過ぎて、初めて 「不惑感覚」 を知る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

拓明さん
エレベーターはいつも危険な瞬間を感じています。年をとって判断力が低下して、エレベーターの上がり際でどちらに行こうか相談している人や、若い人が次の電車に飛び乗ろうとしているのに二人でエレベーターを塞いでいることなどに気づきます。
また、車も同様の社会性の無さで困ることも多いです。そこで私は絶滅危惧種のWIIfitで動体視力を鍛えています。happy01私もその年代に近いですが。

投稿: keicoco | 2014/11/30 10:50

エレベーターを降りたところで、右に行くか左に行くか迷って立ち止まっているのは、高齢者に多いですね。あれは本当に危ない。後ろにいる人がバタバタと高齢者の上にのしかかると死亡事故になるでしょうね。

スーパーのレジで金額を言われてからごそごそとバッグの中の財布を探してるのは、こっちがイライラするだけで済みますが、エレベータでウロウロされると危険極まりない。

投稿: ハマッコー | 2014/11/30 14:03

tak-shonaiさんごきげんよう~
こんにちは。
ほんとうに、気をつけているのに失敗することばかりです。
こころして暮らします!!


投稿: tokiko6565 | 2014/11/30 15:07

keicoco さん:

考えてみれば、エスカレーターというのは、ものすごい力で人の体を物理的に移動させるものですから、かなり危険なものですね。とくに予測の付かない動き(あるいは動作停止)をするお年寄りは、危険因子たり得ます。

これから高齢者の方が多い世の中になりますから、相当に注意しなければならないですね。

そういえば、高速道路の逆走も、ほとんどはお年寄りだそうですから。

投稿: tak | 2014/11/30 21:00

ハマッコー さん:

エスカレーターの降りたところには、そこに止まると不快感をおぼえて、離れざるを得なくなるような仕掛けが必要になるかも知れませんね。

投稿: tak | 2014/11/30 21:01

tokiko さん:

私自身も還暦を過ぎたら、体幹が弱くなって、ちょっとしたはずみにふらつくことがあります。

若い頃みたいに、沢筋の岩沿いにピョンピョン跳ねて山登りするなんて、もうできないなと思っています。

投稿: tak | 2014/11/30 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60731747

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者のエスカレーター転落事故に思う:

« 昆虫の写真が気持ち悪くてどうする | トップページ | 還暦をしばらく過ぎて、初めて 「不惑感覚」 を知る »