« 「今年の漢字」 って、結局何なんだ? | トップページ | 選挙結果が馬鹿馬鹿しくてたまらない »

2014/12/14

総選挙の投票率が、やたらと低い

今回の選挙、私はいつものように期日前投票を済ませておいた。仕事で帰りが遅くなりそうだったためだが、思ったより早く片付いて午後 6時前に帰宅したので、それから投票所に行けば行けた。ただ、もし仕事が長引いたらそれもできないので、期日前投票しておいたのは正解だったと思っている。

できるだけ期日前投票をするようにしているのは、もう一つ理由がある。知り合いから 「○○党 (中身は公明党が 7割、共産党が 3割) の△△に投票して」 という依頼電話がかかってきても、「もう済ませちゃったから」 というたった一言で、向こうはあっさりと引き下がってくれるからだ。

「嘘も方便」 で、期日前投票していないのに 「もう済ませた」 と言ってしまう手もあるが、そう言ってしまってから投票日に投票所で顔を合わせてしまったりしたら、バツが悪いというよりも、次からこの手が効かなくなりそうなので、ちゃんと本当に済ませておくのである。

ところで、今回の選挙は低投票率になるのが確実と前々から言われていたが、帰宅してネットのニュースを調べてみると、午後 4時現在で 20.11%、午後 6時になっても 34.98%と発表されている。

つまり、日が落ちてしばらく経っても、有権者のほぼ 3人に 1人しか投票していないようなのである。戦後最低の投票率と言われた前回の同時刻より、6.79ポイント下回っているという。この寒空では、これから大幅に伸びることも期待できないから、今回の総選挙は戦後最低を更新することが確実だろう。

この記事を書いている今、時刻は午後 8時を回った。もうすぐ投票率の確定数字が発表されるだろう。もう、どんな低い数字が出てきても驚かない。とりあえずここで一度アップしておいて、後ほど最終確定数字を付け加えることにする。

【12月 15日 追記】

最終的には 52%前後ということになったらしい。かろうじて半分を超えたわけだ。私は 40%台になるかと思っていたが、前日の時刻ごとの発表は、期日前投票を除外した数字だったらしく、それをプラスして、この数字になっだという。やれやれ。

|

« 「今年の漢字」 って、結局何なんだ? | トップページ | 選挙結果が馬鹿馬鹿しくてたまらない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

takさん

四半世紀以上前に現在地に引っ越して来てしばらくした時、
町内会長が市議を伴って「この人をこれからよろしく」と言ってきました。
「お互いに、思想信条に関する依頼などはよしましょう」と
お断りしたことがあります。

また、二昔近く前には、夫の甥が友人を伴い、
宗教団体入会か選挙の投票依頼かは忘れてしまいましたが、
頼みに来たことがありました。
近くに来たからと言う久しぶりの甥に、
訪問の真の理由が分かったとたん、
お昼をご馳走しようと思った気も、急激に消え失せ、
その場を夫に任せ、席を外しましたが、
恐らく、夫に諌められたことでしょう。

「借金の保証人にはならない」「思想信条に関する依頼は受けない」、
わが家の家訓かな。

しかし、若い人が選挙に無関心なのは残念です。
何も変わらないと、みんなが思ってしまったら、変わるはずがないですよね。
自分一人でもと、みんなが思ってくれたら変わるのにね。

長文、ごめんなさい。

投稿: さくら | 2014/12/15 11:38

さくら さん:

そうしたことって、結構ありますね。

玄関先まで来て、「この方は、とてもいい人ですから」なんて、薦められたことがありますが、「いい人」 で済むんなら、議員になれる人はそこら中にいますよね。

投稿: tak | 2014/12/15 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60810030

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙の投票率が、やたらと低い:

« 「今年の漢字」 って、結局何なんだ? | トップページ | 選挙結果が馬鹿馬鹿しくてたまらない »