« 吾妻山の思い出など | トップページ | 煮干しと焼干し »

2015/01/15

山茶花が主の死のショックから立ち直り始めているらしい

今月 6日に 「丹精してくれた主が亡くなったのを、花も悲しんでいるのか」 という、ちょっとセンチメンタルな記事を書いた。

お向かいのお宅のご主人が、昨年亡くなり、奥様はかなり認知症が出ていて、どこかの高齢者施設に入っており、一人息子はほとんど絶縁状態で寄りつかない。というわけで、空き家状態になってしまった家の生け垣の山茶花が、この冬はなぜか一輪も咲かない。主が亡くなったのを、花も悲しんでいるように思われたのである。

Img_11281 しかし、その山茶花がようやく咲き始めたのである。一昨日の夕刻にひっそりと一輪が咲き、今日は午後に雨の降り出す前に、4〜5輪の花が開いていた。よく見てみると、蕾もいくつか膨らんでいるので、まだ続いて咲くだろう。

一時はこのまま枯れてしまうのではないかとまで心配したが、ようやく主の死によるショックから立ち直ったものと見える。これで少し安心して眺めていられる。そしてとりあえず、今日は雨が降っているからいいが、これからは乾燥が続いたら水をやろうかなと思ったりしている。

あとはほぼ絶縁状態にあるらしい息子が、母親とよりを戻してくれればいいのだが。

|

« 吾妻山の思い出など | トップページ | 煮干しと焼干し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/60979338

この記事へのトラックバック一覧です: 山茶花が主の死のショックから立ち直り始めているらしい:

« 吾妻山の思い出など | トップページ | 煮干しと焼干し »