« 花粉症が一気に進行 | トップページ | 『自転車の安全鉄則』 を読んで »

2015/02/26

明日の東北・北海道は荒れそうだ

昨日の夕方過ぎに鹿児島から帰ってきた時は、関東も九州に負けないほど春っぽい陽気だったのに、今朝目が覚めたら一気に季節が逆戻りしたような寒さだった。おかげで花粉症の症状もぐっと軽くなった。

2 春先の天気はこれだから油断がならない。明日の午前 9時の予想天気図を見ると、青森県の辺りに低気圧が 3つも横並びになっていて、等圧線がやたらに密に立て込んでいる。右端 (いや、東端) の低気圧からは、寒冷前線が長く延びている。

登山をやっていた若い頃、天気図の見方で 「二つ玉低気圧には気をつけろ」 というのがあった。これは 2つの低気圧が日本列島を挟むように、日本海と太平洋の沿岸を発達しながら進むもので、強風や雷雨になりやすい。ところが明日の朝の天気図は、二つ玉どころか三つ玉である。

東北と北海道の日本海側は、猛吹雪になりそうだ。私の生まれ故郷の酒田の天気も荒れ模様で、吹雪か横殴りの雨になると予想されている。真冬の間とくらべてなまじ気温が上がっているから、大雨だとずぶ濡れになるだろう。山は雪崩に気をつけなければならない。

「一雨ごとの暖かさ」 なんていうが、春になりきっていない時の嵐はなかなか厄介である。吹雪なら、家に入る前に体についた雪を払い落とせばいいが、雨でずぶ濡れになると体が冷え切ってしまう。関東も寒暖の差が激しいから、風邪を引かないように気をつけよう。

|

« 花粉症が一気に進行 | トップページ | 『自転車の安全鉄則』 を読んで »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61200290

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の東北・北海道は荒れそうだ:

« 花粉症が一気に進行 | トップページ | 『自転車の安全鉄則』 を読んで »