« 「ワイングラスのボウル部分を持つのが国際的常識」 という嘘 | トップページ | 私の 「イスラム国」 理解をチョー駆け足で書くと »

2015/02/02

「イスラム国」 対策のかみ合わないご意見

報道番組、新聞、野党発言などで、安倍首相の一連の発言が 「イスラム国」 を刺激して硬化させ、2人の日本人人質の生命を奪い、さらなるテロの標的とするという脅しにまでつながっているという指摘が目立っている。一方それに対し、「悪いのはイスラム国なのに、テロを利用して政権批判をするのは本末転倒」 という批判の声も大きく、議論はかみ合わない。

これを煎じ詰めると、やや乱暴な言い方かもしれないが、「2人の人質が殺されたのは自己責任で、安倍政権はよくやった。悪いのはテロリストなのだから、日本としてテロとの戦いを表明するのは当然のこと」 という主張と、「こんな時に中東歴訪して 2億ドル支援を大々的に表明したから、イスラム国の怒りを買い、敵に回してしまい、テロの標的に加えられてしまった」 という主張に分けられる。

どちらもそれぞれの政治的立場からほぼ自動的に導き出される主張であって、客観的にまったく妥当だと思わせるような内容じゃない。

「悪いのは安倍首相」 と言わんばかりの主張は、いくらなんでも付き合いきれない。誰が見ても悪いのはテロリストの方で、「首相の言動が彼らの怒りを買った」 などというのは、「お前、どっちの味方なんだよ」 と言いたくなる指摘である。

しかしだからといって、「テロリストたちの行動は許せない。テロとの戦いを推し進める」 と高らかに宣言するのは、「欧米対イスラム原理主義」 という他人の喧嘩に、わざわざおおっぴらに飛び入りするようなもので、はしゃぎすぎという印象がないでもない。こんなだから、「この機会を利用して、集団的自衛権の行使にひた走っている」 なんてことまで言われる。

どうも、政権側もそれを批判する側も、ちょっと調子に乗りすぎている気がしてならないのである。今回は日本人人質の命が犠牲になったという事実はあるが、基本的に日本は直接の当事者というわけではない。「他人の喧嘩」 に首を突っ込みすぎない立場にとどまっている方がいいと、私は思っている。

それと同様に、「今回の事態は安倍首相のせいだ」 と言わんばかりの一方的な批判も、他人の喧嘩の一方の当事者に利する行為である。「日本がテロの標的になるのは、首相の失敗のせい」 と、相手の無茶な主張を追認してしまうことになりかねない。つまり、どっちも一方的すぎるのである。

お互いに今回の事態を利用して自分の政治的立場のプロパガンダをしたがるだけだから、本質的な議論につながらず、国際問題なのにドメスチックなケチの付け合いになってしまっている。

|

« 「ワイングラスのボウル部分を持つのが国際的常識」 という嘘 | トップページ | 私の 「イスラム国」 理解をチョー駆け足で書くと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

他人の喧嘩という表現に少し違和感を感じます。ISILは奴隷制を復活していて、世界をISILが征服することを、主張している組織です。キリスト教世界とイスラム原理主義者との闘いというより、文明と非文明との闘いの段階に入っているのです。
勿論、最初は、違っていたかもしれません。日本としては忸怩たるものがありますが、中立を装うことは、非文明がわに付くことになります。現在の一番の被害者はイスラム教徒なのですから。

投稿: basara10 | 2015/02/03 07:34

ご指摘されている歩み寄りの余地のなさ感は、アメリカの選挙の年の共和党支持者と民主党支持者の間のギャップのような感じですね。

ただ、私もbasaraさん同様、「他人の喧嘩」ではないと思います。また、これは「欧米対イスラム原理主義」の戦いではなく、(特にイスラム教徒の立場からすれば)「グローバル社会」対「イスラムの名を騙る暴力団」の戦いだと思います。

ヤクザとか新興カルトとして見れば、集団としてやってることとか、集まってくる人間のことが理解し易くなると思います。

投稿: きっしー | 2015/02/03 10:48

確かに「他人の喧嘩」は強い表現ですが、主張だけ見れば世界を敵に回していても当事者はあくまで周辺国であって、takさんの仰るように「おおっぴらに」「首を突っ込み過ぎる」のには慎重になるべきだと思います。
一方、現在拠点があるのは中東であっても、日本からISILに参加しようとする学生が生まれたり、各地で飛び火したテロが起きていたり、そうした事への対処は危機感を以って多面的に取り組むべきだと思いました。

投稿: clark | 2015/02/03 13:23

私もbasaraさん、きっしーさんのように受け止めておりますが、一方、takさんのおっしゃりたいこともわかるような気がします。

「ナクバ」からずっとひきずってきているイスラエルvsパレスチナ問題が重なってしまうのですよね。

私などは大分以前から、中東問題に関して米国が公平中立とはほど遠い立場で国連を動かしていると感じていました。申し訳ない言い方ですが、膨大な資金力と人脈力を持つJ国がその力を駆使してP人を追い詰め、結果「持たない者」は原始的な方法で対抗し、それに対してさらに圧倒的な軍事力で報復をする、それに対してまた・・・・・という終わりなき戦闘の繰り返しです。

仲裁すべき大国の米国があまりにもJ国よりなので、P人たちはJ国と米国を恨み、それを利用して付け込んだのがテロ集団だと解釈しております。

「テロ集団に配慮しての外交活動などそもそも論外!日本は断固これまでの姿勢を貫き、それが正しいことである。」と勇ましく叫ぶのなら、同じトーンで、「日本はパレスチナ難民の方々にこれまでも人道支援を行ってきた、これからもなおいっそうの支援を惜しまない、そうすることで、少しでもこの地域の安定に貢献することが日本の使命である。」くらいのことも付け加えて然るべきだと思います。それは決して「テロ集団に配慮」することではなく、中東の方々に少しでも「日本はJ国米国に与するようになっていくのでは」という疑心暗鬼を持たせないためにも、またテロリストの日本攻撃の正当性の口実に使わせないためにも、これくらいのことは外交として考えて当然だし、それを進言しないブレーンは少々能天気の感もするのです。(言いすぎでしたらお許しを。)

日本人のほとんどが中東問題における日本の立場と、今回のようなムスリムを騙るテロリストに対処する立場の切り分けができていないと思います。それはメディアや、「○○大学教授」というような一見authorityらしき人たちから発信される情報そのものがすでにそういうものなので、受け取る国民はそのままそれを飲み込んでしまうのです。だからこそ、日本政府にはしっかりして欲しい、と願うばかりです。

投稿: KRT | 2015/02/03 14:13

basara10 さん:

>他人の喧嘩という表現に少し違和感を感じます。

私自身も 「他人の喧嘩」 は、ちょっと極端な表現かも知れんなあと思いながら書いてしまいました。
グローバルな世界において、厳密には 「赤の他人」 はありまませんね。

>キリスト教世界とイスラム原理主義者との闘いというより、文明と非文明との闘いの段階に入っているのです。

ただ、私は 「キリスト教世界とイスラム原理主義者との闘い」 とは理解していません。また、「文明と非文明との闘い」 という言い方には、違和感を覚えます。

>中立を装うことは、非文明がわに付くことになります。現在の一番の被害者はイスラム教徒なのですから。

今回の事態で 「中立」 はあり得ません。そのことは明確にしなければなりません。ただ、客観的でなければならないと思います。

投稿: tak | 2015/02/03 18:44

きっしー さん:

>ただ、私もbasaraさん同様、「他人の喧嘩」ではないと思います。また、これは「欧米対イスラム原理主義」の戦いではなく、(特にイスラム教徒の立場からすれば)「グローバル社会」対「イスラムの名を騙る暴力団」の戦いだと思います。

私は "「欧米対イスラム原理主義」の戦い" という表現で、まさに "「グローバル社会」対「イスラムの名を騙る暴力団」の戦い" という内容を表現したかったのです。

まあ、日本も 「グローバル社会」 の一員たろうとしていますので、「他人の喧嘩」 というのは不確かな表現ではありましたね。

>ヤクザとか新興カルトとして見れば、集団としてやってることとか、集まってくる人間のことが理解し易くなると思います。

私も似た印象をもっていまして、昨年 12月 19日の記事で、"最近のイスラム過激派によるテロリズムのニュースを聞く度に、私は 「昔の連合赤軍とオウム真理教を合体させて、規模を拡大させたような動き」 という印象を深くしている。連合赤軍もオウム真理教も、自らの行動自体が崩壊の端緒となり、破滅してしまったように、イスラム過激派も結局は自己崩壊するだろう" と書いています。

今はそれに、世界中の食い詰め者が加わって、まさにヤクザ者の集団になっていますね。

投稿: tak | 2015/02/03 18:58

clark さん:

>確かに「他人の喧嘩」は強い表現ですが、主張だけ見れば世界を敵に回していても当事者はあくまで周辺国であって、takさんの仰るように「おおっぴらに」「首を突っ込み過ぎる」のには慎重になるべきだと思います。

穏便な解釈、ありがとうございます ^^;)

>一方、現在拠点があるのは中東であっても、日本からISILに参加しようとする学生が生まれたり、各地で飛び火したテロが起きていたり、そうした事への対処は危機感を以って多面的に取り組むべきだと思いました。

まさにその通りですね。

投稿: tak | 2015/02/03 19:01

KRT さん:

>「ナクバ」からずっとひきずってきているイスラエルvsパレスチナ問題が重なってしまうのですよね。

厳密に言えば、それよりずっと前の十字軍とか、オスマントルコ帝国とかの時代からのいきさつになるのでしょうが、直接的にはそれが一番大きいのでしょうね。

>仲裁すべき大国の米国があまりにもJ国よりなので、P人たちはJ国と米国を恨み、それを利用して付け込んだのがテロ集団だと解釈しております。

彼らが第一に 「反米」 を旗印にしているのは、その意味から当然なのでしょうね。

まあ、その意味で私は、問題ありすぎる表現ではあると思いながらも 「他人の喧嘩」 と言ってしまったわけですが ^^;)

>日本人のほとんどが中東問題における日本の立場と、今回のようなムスリムを騙るテロリストに対処する立場の切り分けができていないと思います。

インテリ層にも、基本的にさっぱりわかってない人と、一応わかってはいるけど、具体的な対応のレベルでごっちゃになっている人がいますね。

その意味で "イスラム教スンニー派の過激派「イスラム国」" という表現は、いい加減にやめてもらいたいと思っています。

投稿: tak | 2015/02/03 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61075409

この記事へのトラックバック一覧です: 「イスラム国」 対策のかみ合わないご意見:

« 「ワイングラスのボウル部分を持つのが国際的常識」 という嘘 | トップページ | 私の 「イスラム国」 理解をチョー駆け足で書くと »