« ISIL という呼称採用と、大相撲の野次の問題 | トップページ | ガラケーはあと 20年滅びない »

2015/02/09

毎日新聞朝刊の 「サクラダ・ファミリア」(聖なる桜田家)

毎日新聞で、いしかわじゅんさんの 4コマ漫画 『桜田です!』 が始まっている。1月 22日に "「桜田です!」新・朝刊漫画 いしかわじゅんさん作 来月1日スタート" という 「社告」 (なんだか大げさな気もするが) があり、嘘紛れもなく、今月 1日にスタートした。

最近は紙の新聞なんてあまり見ないのだが、私は 「薔薇の木に薔薇の花咲く」 以来のいしかわじゅんファンなので、なんと、毎朝楽しみに新聞を開くようになった。

漫画は東京都武蔵野町に住む桜田家の人々を中心に展開する。ごくフツーのサラリーマンぽいお父さん、漫画家であるらしいのだが、まだそれらしき動きをみせていないお母さん、長女は小学 6年生の美少女、カレンちゃん、その弟の小学 3年生のハル。そして猫の正ちゃんもいる。この正ちゃんは、作者の飼っている実在の猫そのままのようである。

さらに新連載にあたっての記事 "桜田です!:「登場人物の動き楽しみ」 新連載、いしかわさん意欲" という記事によると、近所には陶芸家のおばあちゃんも住んでいるらしい。桜田家の全貌が明らかになり、さらにそれぞれが勝手に動き出すようになるには、もう少し時間がかかるようだ。

最初の週は、桜田家の朝から始まる。第 1回の 1コマ目は、てきぱきと家族の朝食の世話をするお母さん。しかし 2コマ目であっさりとそのイメージは裏切られ、それはベッドの中で朝寝を貪るお母さんの夢だったと知る。実際の家族は淡々と、朝食抜きで会社と学校に出かける。

2回目は、長男のハル。授業で 「一番興味をもっていること」 を発表することになり、ハルはつい 「今日の給食のオカズは何かです」 と口走る。その一言で、周囲の友だちには 「今日も母ちゃん起きられなかったんだな」 と覚られ、女の子には優しく 「チョコ食べる?」 なんて声をかけられる。

3回目は、長女のカレン。美少女だけに、女の子には 「カレンちゃん、うちのクラスのファッションリーダーよね」 と噂になり、男の子には 「俺のタイプ」 などと言われているが、その実態は、「昼までもたん」 とつぶやきつつ、授業中に教科書の陰で黙々と早メシをする少女なのであった。

4回目は、お父さん。会社で 「桜田さんの奥さん、漫画家なんだって?」 「漫画家って、締め切りに追われて何日も寝られない日が続いたりするんでしょう」 などと声をかけられるが、家に帰ればいつも 「くかー」 と寝ている妻しか見たことがなく、「本当に漫画家か?」 とつぶやく。

5回目は、問題のお母さん。ベッドで目を覚ますと、時計は 7時半を指している。必死に飛び起きてバタバタと朝食の支度をし、「朝ご飯お待たせ〜、セーフ!」 と言うが、すぐに夜の 7時半過ぎと気付き、へたり込んで落ち込む。家族は優しく 「いいんだよ、晩ご飯として食べればいいんだから」 と慰める。

6回目、夜になって寝る時刻になると、家族は猫の正ちゃんと一緒に寝たがり、奪い合いをする。朝になると、正ちゃんは布団の外に押し出され気味だが、家族の足だけが正ちゃんの体温を求めて集まっている。正ちゃんは 「おれはコタツか」 と心の中で呟いている。

で、第 2週目に突入した昨日 (7回目) は、ハルの学校での休み時間のお話。かくれんぼに関する脱力極まりないエピソードである。お母さんがかくれんぼの鬼になっても、あっという間に全員を見つけ出せる秘密とも言えない秘密が明かされるが、その秘密というのが詳しく書くのも馬鹿馬鹿しいほどの脱力加減である。

とまあ、何ともユルい桜田ファミリーである。私はこの漫画を密かに 「サクラダ・ファミリア」 (聖なる桜田家) と呼んで毎朝の楽しみにしている。

|

« ISIL という呼称採用と、大相撲の野次の問題 | トップページ | ガラケーはあと 20年滅びない »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

tak-shonaiさんごきげんよう~
おひさしぶりです。私は、まだネットに帰れませんが
ちょっとのぞきにまいりました。
わ、この漫画、楽しそう~~じつは私も時々漫画を描くことを夢想します。
(まだ、一度も描いたことなんか無いのですが・・汗)
脱力系の漫画を描いてみたいです~~~(ゆめ)

バラの木にうんぬんと言うのはボーイズらぶ系ですかね?
そういうお話は面白そうですね~
私の好きだったアニメ、昔テレビでやっていた「パタリロ殿下」ですがね、あれもおもしろかったですよ~

まあ、一度、どこかで読んでみたいです~
ありがとうございました。

tak-shonaiさんのように今年も早くネットに記事を書きたいものです。


投稿: tokiko | 2015/02/09 10:47

tokiko さん:

tokiko さんがブログに書いてきたようなことの 1割でも漫画にしたら、読み応えありそうですよ。読んでみたいです。

ちなみに、『薔薇の木に薔薇の花咲く』は、ボーイズラブ系ではなく、なんと相撲の漫画であります。

こちらでイメージが見られます ↓
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/30680026/

私は文庫本で全巻取りそろえて持ってます (^o^)

投稿: tak | 2015/02/09 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61100560

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞朝刊の 「サクラダ・ファミリア」(聖なる桜田家):

« ISIL という呼称採用と、大相撲の野次の問題 | トップページ | ガラケーはあと 20年滅びない »