« 「アレグラ FX」 服用実験中 | トップページ | 砂糖の摂りすぎは、やっぱり良くないらしい »

2015/03/07

あっさり死ぬための健康

度々書いているが、酒を飲まなくなって久しい。このブログを書き始めた頃 (12〜3年前) は、「週に一度は休肝日を作らなきゃいけないなあ」 なんて思いながら、まったく果たせなかった。つまり、毎日酒を飲んでいたのである。量はそんなに飲まなかったが、それでも毎日飲まずにはいられなかった。

このブログを書くにも、酒をちびちびやりながらということが珍しくなかったし、多少の酒が入っても、別に思考回路が酩酊してしまうこともなかった。今、同じことをやったら、キーボードを叩きながらすうっと眠ってしまうかもしれない。

昔は 「週に一度の休肝日」 が実行できなかったのに、今は週に一度ぐらいしか酒を飲まない。変われば変わるものである。というわけで、禁煙は 37年以上で、節酒も 8年以上になる。さらに昨年末からはスポーツ自転車で運動を欠かさないというライフスタイルになって、3か月経った。こうしたライフスタイルは、実感としてまちがいなく健康にいい。

健康的な暮らしをするのは、とくに健康志向だからというわけではない。それよりも、不健康なライフスタイルを維持するのが、体力的にしんどくなったからだ。酒も飲まず、煙草も吸わず、そして定期的に運動をするライフスタイルの方が、ずっと楽なのである。人間、楽な方がいい。

新しく始めた自転車は、結構ハードにこぎまくるから冬でも汗だくになる。太もももパンパンだ。それでもやらないより楽だとわかったから、止められない。これぞスポーツの魔力である。

自転車に乗り始める前は、メタボになりかかっていた。それほど目立つ肥満というわけではないものの、靴下を穿こうとして上体を前屈させると、下腹についた脂肪のせいで呼吸が圧迫されて、 「うっ」 となっていたのである。それも今は解消され、楽に靴下をはけるし、駅の階段も駆け上がれる。この若い頃のような楽さ加減を取り戻したら、再び失おうとは思わない。

運動をするもう一つのメリットは、ほんの少しだけハードな運動をする方が、無駄に長生きせずに済みそうだということである。スポーツで一流といわれる地位にまで上り詰めた人というのは、案外若死にだったりするが、それは過度のトレーニングで体に必要以上のストレスをかけ続けた結果だろう。

一方そこまでの無理をせず、適度にハードな運動をした人というのは、年をとっても寝込むほどの大病をせず、しかもある程度のところでポックリと逝くケースが多いように見受けられる。これこそが私の狙い目である。惚けて寝たきりの状態になって生き続けるよりは、動けるうちは元気に動いて、動けなくなりそうなタイミングで、あっさりとおさらばしたい。

というわけで、私はこの 「健康的なライフスタイル」 を維持したいと思っているが、それは長生きするためではなく、適当なところであっさりと死ぬためである。

|

« 「アレグラ FX」 服用実験中 | トップページ | 砂糖の摂りすぎは、やっぱり良くないらしい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

takさん流、PPKの極意ですね。

酒を飲み、タバコを吸い、移動以外で身体をあんまり動かさないアタクシは、いつになったらその境地へ到達するのでしょう。

いつ変わるか。
今でしょ!…的な?

投稿: 乙痴庵 | 2015/03/12 10:22

乙痴庵 さん:

タバコだけは止めた方がいいですよ。

自分の健康のためというより、周囲の人のために。
(このブログでも、それについては何度か書いていますが)

投稿: tak | 2015/03/12 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61245774

この記事へのトラックバック一覧です: あっさり死ぬための健康:

« 「アレグラ FX」 服用実験中 | トップページ | 砂糖の摂りすぎは、やっぱり良くないらしい »