« (Mac に限らず) 一太郎ファイルを読み込む苦労 | トップページ | イラッとくる感覚の翻訳 »

2015/04/07

自転車を始めたら、冬を薄着で乗り切れた

いつの頃からか、多分 50代になってからだったと思うのだが、恥ずかしながら冬になるとズボン下 (最近はお洒落に 「タイツ」 なんて言うのかな?) が欠かせないものになっていた。なにしろズボンだけでは寒すぎるのである。若い頃は伊達の薄着ってわけでもなく、そんなものは要らなかったのに。

ところが、ふと気付いてみると、この冬はズボン下なしで乗り切った。別に寒くて耐えられないというほどのことはなく、「ズボン下なんてはくと、なんとなくゴロゴロしちゃっていやなんだよね」 という、若い頃の感覚がよみがえったのである。

この冬が特別暖冬だったのかといえば、そういうわけでもない。前とその前の冬は確かに厳冬だったという記憶があるが、今シーズンだってそれなりに寒かった。それなのに、上半身にしてもあまり厚着をすることがなく、乗り切ることができた。夜も寒さで目を覚ますなんていうことがなかったし。

この冬は何が違ったのかと言えば、思い当たるのは自転車を始めたということである。しかもママチャリなんかではなく、エントリー・モデルとはいえ、クロスバイクというカテゴリーの、一応はスポーツタイプである。雨さえ降らなければ、片道 15km ぐらいまではこの自転車でどこにでも行った。

そのおかげで、下半身だけでなく上半身にも筋肉が復活したのである。合気道を真面目にやっていた若い頃の体には到底及ばないが、それでもメタボは解消してすっきりし、とくに腰から太もも、ふくらはぎにかけてしっかりした筋肉がついたのだ。

筋肉というのは、結構な熱発生装置であるらしい。下手すると皮下脂肪がどてらを着るみたいに体を暖めてくれると誤解している人がいるが、皮下脂肪は一度冷めてしまうと温め直すのに結構なエネルギーを消費するから、寒い時はなかなか暖まりにくい。ところが筋肉はちょっと体を動かすだけで効果的に体を温めてくれるようなのである。

人間の体の中でも筋肉量が多いのは、腰から太ももにかけてである。この部分の筋肉が増えると、体全体が寒さ強くなるようなのだ。というわけで、ありがたいことにこの冬はすっきりと乗り切ることができたのである。運動するのは大切だと、身を以て認識してしまったよ。

|

« (Mac に限らず) 一太郎ファイルを読み込む苦労 | トップページ | イラッとくる感覚の翻訳 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

何でも自転車を始めた効用に結びつけたいお気持ちは分かりますが……って、私もこの冬は寒さに負けずに自転車通勤を増やしたら、結局一度も風邪・インフルエンザに罹らずに済んだなぁ(^^;(片道12kmくらい、週2回程度)

ただ、腰はともかく、太股・ふくらはぎに筋肉がつくようなペダリングは、自転車界ではあんまり推奨されていないと思います(たぶんサドルが低すぎる)。

とはいえ、別にこれからシニア部門で競技をやりたいとか、いずれ1日100km走りたいとかいうのではなく、普通にクルマに代わる交通手段として使うのであれば、そんな能書きはどうでもいいという気もしますけど。

投稿: 山辺響 | 2015/04/08 15:23

山辺響 さん:

サドルの位置は、多分適正だと思います。

実はヒルクライムに挑戦したいので、意識的に重いギアでペダリングして筋肉付けている最中です。

必要十分な筋肉が付いたら、エアロビクス的なペダリングに戻したいと思ってます。

投稿: tak | 2015/04/08 15:39

ヒルクライムですか! あ~、おバカさんがここにも(笑)

ヒルクライムも軽いギアでくるくる回すのが基本だとは思うのですが、とはいえ、斜度が上がってくれば出力を求められますから、それなりの筋力は必要になるかもしれませんね。私も、自転車通勤のルートにはちょっとした坂しかないので、あえて重めのギア限定で負荷をかけたりしています。

投稿: 山辺響 | 2015/04/09 10:58

山辺響 さん:

私がしょっちゅう走るルートは、上ったり降りたりの坂道が結構あるんですよね。

乗り始めた頃は脚に乳酸たまりまくりで、ひいひい言ってましたが、最近は少し楽になりました。やはりある程度の筋力がないと、坂道はこなせません。

そのうち、筑波山の中腹にある筑波神社まで昇ってみたいと思ってます。

投稿: tak | 2015/04/10 00:49

筑波山ですか! ちょっと調べたら、その先の風返し峠とやらまで行くと相当歯ごたえありそうです(笑) 楽しそうだなぁ(←バカ)

投稿: 山辺響 | 2015/04/10 11:13

山辺響 さん:

筑波山麓のサイクリングロード (「りんりんロード」 とかいうらしい) は、廃線利用のコースなので割と平坦らしいですが、風返峠はかなりきつそうです。近くの不動峠の方が人気のようですね。

筑波神社は風返峠の途中と考えればいいですが、それでもかなり覚悟がいるようです。

投稿: tak | 2015/04/10 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61402640

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車を始めたら、冬を薄着で乗り切れた:

« (Mac に限らず) 一太郎ファイルを読み込む苦労 | トップページ | イラッとくる感覚の翻訳 »