« 裏方感覚と、引き算のお節介 | トップページ | 声を大にして 「夢に酔いすぎるな」 と言いたい »

2015/07/18

iPhone のバッテリーが長持ちしてくれたら

何となく 10年以上も iPhone を使い続けるような気がしたが、よく調べてみると、最初に iPhone 3GS を買ってからまだ 6年も経っていないのだった (参照)。まったく信じられない。iPhone のない昔は、一体どうしていたんだろうとまで思う。

ガラケーを使っていた頃は、「ケータイって便利だけど、家に忘れてきても別にそんなに不便は感じない」 なんて言っていた。ところが今では、iPhone をもたずに外出してしまったりすると、不便でしょうがない。とくに出張には必需品である。

以前は出張で必要な資料やデータは、すべて A4 の紙にプリントアウトして、クリアファイルにずっしりと入れて持ち歩いていた。結構重かった印象がある。しかし今は、すべて iPhone を開けば参照できるから、データを紙の形で持ち歩くことはなくなった。初めて訪問するところでも、iPhone がナビしてくれるから地図を持ち歩く必要がない。

ガラケーの時代でもインターネットで地図サイトを見ることはできたが、何しろ画面が小さすぎて全然役に立たなかった。そしてテンキーだけで日本語を打つのはものすごいストレスだったから、ケータイ・メールなんてものもできるだけ使いたくないと思っていた。

今では何をするにもほとんど iPhone で事足りるのでとても便利に使っているが、問題はバッテリーがもたないことだ。出張でメールやナビ、インターネットでの確認なんてことでフルに iPhone を使っていると、ほとんど半日しかもたない。だからエクストラ・バッテリーは必需品である。

iPhone のバッテリーが、ヘビーに使っても余裕で 1日半ぐらいもつようになったら、本当にありがたい。それが可能になるなら、今の iPhone 6 の 5割増しぐらいの厚さになってもいいと思っているぐらいである。iPhone の今後の進化の最大のポイントは、バッテリーのもちだと断言してもいい。

|

« 裏方感覚と、引き算のお節介 | トップページ | 声を大にして 「夢に酔いすぎるな」 と言いたい »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61910006

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone のバッテリーが長持ちしてくれたら:

« 裏方感覚と、引き算のお節介 | トップページ | 声を大にして 「夢に酔いすぎるな」 と言いたい »