« 「二六時中」 が 「四六時中」 に変わったのは? | トップページ | クルマの運転があぶないのは、高齢者ばかりではない »

2015/07/27

エルニーニョではあるらしいが

1か月ちょっと前に 「どうやら本当にエルニーニョらしい」 というタイトルの記事の最後の行で、「ここまできたら、どうやら 『冷夏』 は覚悟した方がよさそうだ。情熱的な夏物語は、来年以後に待とう」 と書いている。この時点では常識通りに、梅雨明けは遅く、冷夏の傾向になると思っていたのである。

ところが実際には、梅雨明けは日本各地でばらつきがあって、沖縄・奄美地方ではものすごく早かったが、その他は関東甲信越や東海でほんのちょっと早く、その他はちょっと遅めとなっている。全体としてみれば、とりたてて遅いってわけじゃない。

それになにしろ、暑い。この暑さは確実に昨夏以上だ。少なくとも 「冷夏」 なんかじゃない。ただ、やたらと雨が多い。もっと言えば、雨の多いところではいつも以上に多い。続けざまに来ている台風が軒並み 「雨台風」 で、かなりの大雨をもたらしている。

つまり、「冷夏」 では全然ないが、大雨傾向は確実にある。エルニーニョの特徴の半分は満たしている。このまま暑い日が続いたら、エルニーニョらしさの帳尻を合わせるために、雨の方が頑張ってしまうんじゃないかと心配だ。

で、ニュースによると今回のエルニーニョ現象は、冬に向かって強まりそうな気配なんだそうだ。冬までエルニーニョだと、暖冬になりやすいと言われている。夏が暑くて冬が暖冬なんてことになると、日本の平均気温はかなり上がってしまう。

はてさて、今後の天気は一体どうなるんだろう。

|

« 「二六時中」 が 「四六時中」 に変わったのは? | トップページ | クルマの運転があぶないのは、高齢者ばかりではない »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

この記事は本日付予定稿としていたのですが、不手際で 25日に 2本目の記事としてアップされていたものです。改めて日付を修正させていただきました。失礼しました。

投稿: tak | 2015/07/27 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61957146

この記事へのトラックバック一覧です: エルニーニョではあるらしいが:

« 「二六時中」 が 「四六時中」 に変わったのは? | トップページ | クルマの運転があぶないのは、高齢者ばかりではない »