« 今、米国で注目の "Marketeer" (マーケティア) とは? | トップページ | ネクタイが邪魔者に見えてきた »

2015/07/03

"I love you." と "This is a pen."

私には長年にわたる不思議があった。それは 「どうして日本人の多くは、"I love you." を発音する時に、"I” と “you” にアクセントを置いて、"love” をあっさりと言うんだろう?」 というものだ。

実際、多くの日本人はカタカナとしての 「アイラブユー」 は、味も素っ気もなく平板アクセントで発音するが、英語としての "I love you.”というフレーズを声に出して読ませてみると、大抵「アイラブユー」 と発音する。(フォントの大きさの違いによって表現してみたが、スマホ表示だとその変化がわからないかもしれない)

これ、ネイティブ・スピーカーの実際の場面ではまずこんなことはない。相手を見つめて言うのだから、「私は」 と 「あなたを」 の部分は言わずもがなであり、強調する必要なんかない。言いたいのは 「愛してる」 ということに尽きるのだから、当然のごとく真ん中の "love" を強く言う。多くの日本人式の言い方なんかしたら、「僕はぁ、君をぉ、ごにょごにょ」 に聞こえてしまい、確実にフラれてしまう。

「なんでまた、こんなに変な言い方になってしまうんだろう」 と、私にはずっと疑問だったのだが、今日、突然の天啓のごとくにその疑問が氷解した。気付いてみれば、「なんだ、そんなことだったのか!」 と言いたくなるほど、簡単なことだ。

日本人が 「愛」 を軽視しているからとか、照れくさがっているからとか、そんな大げさな理由では決してない。それほどまでにシリアスな意味合いを、英語のこのフレーズに投影しているとは到底思われない。

それは単に、多くの日本人が "I love you." を "This is a pen." と同じリズムとイントネーションで発音してしまうからである。思えば日本人にとっての英語は、すべて "This is a pen." に集約されてしまうのだ。

思えば、日本人が発音すると "I am a Japanese." も "I go to school." も "I like football." も、単純なフレーズはみんな同じ調子になる。これもすべて "This is a pen." のバリエーションに過ぎないのだ。

そうだ、きっとそうに違いない。ああ、すっきりした。

|

« 今、米国で注目の "Marketeer" (マーケティア) とは? | トップページ | ネクタイが邪魔者に見えてきた »

言葉」カテゴリの記事

コメント

なみだぁ〜のとぉおぉ〜きょぉ〜!

投稿: 乙痴庵 | 2015/07/08 18:07

乙痴庵 さん:

黒沢明とロスプリモスだったっけ?

投稿: tak | 2015/07/08 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61832352

この記事へのトラックバック一覧です: "I love you." と "This is a pen.":

« 今、米国で注目の "Marketeer" (マーケティア) とは? | トップページ | ネクタイが邪魔者に見えてきた »