« 東京オリンピックのエンブレムの "L" って一体何なの? (その 2) | トップページ | 最近はエアコンを使っている »

2015/08/01

"ROCK IN JAPAN FESTIVAL" という名称を巡る冒険

今年も私の在住する茨城県のひたちなか市で、ROCK IN JAPAN FESTIVAL が始まった。我が家の娘も毎年行っていて、今年も行っているようだ。既に夏の大きなイベントとして定着していて、ラジオの交通情報は、朝から常磐高速道の下り線が混んでいると伝えていた。

ところでこのイベントの正式名称は上述の通り "ROCK IN JAPAN FESTIVAL" (全部大文字が正式らしい) となっているが、フツーは "ROCK IN JAPAN" と呼び慣わしているように思う。冒頭でリンクさせたこのイベントの公式サイトでも、"ROCK IN JAPAN FES. 2015" と、 "FESTIVAL" の部分は軽く扱われて、省略表記になっている。

我が家の娘も 「ロック・イン・ジャパンに行く」 とは言うが、「ロック・イン・ジャパン・フェスティバルに行く」 とはまず言わない。きちんと正式名称で言ったら、かんじゃいそうだし。

どうでもいいことかもしれないが、私は前から最後の "FESTIVAL" ってのは余計じゃないかなあと言ってきた。"ROCK IN JAPAN FESTIVAL" と言ってしまったら、直訳すると「日本祭の中のロック」 ということになってしまうよねと、ちょっとケチを付けているのである (参照)。主催者には申し訳ないけど。

しかし最近になって、「なるほど、この名称にはやむを得ない事情があったのかもしれないね」 と、理解を示すようになった。私もずいぶん心が広くなったものである。

その 「事情」 というのは、多分商標登録に関するものだ。単なる "ROCK IN JAPAN" では、「日本のロック」 という意味合いの一般名称に過ぎず、商標として登録できなかったんじゃないかと推測するのである。それで仕方なく固有のイベントという意味を明確にするために、最後の "FESTIVAL" を加えたんじゃないかと思うのだ。

そう考えると、フツーにはみんな 「ロック・イン・ジャパン」 と呼び慣わして、「ロックイン・ジャパン・フェスティバル」 とはあまり言わないという現象も理解できる。イベントの企画運営というのも、なかなか大変なのだね。この辺の理解というのも、私のいうところの 「裏方感覚」 と無関係じゃないと思っている。

|

« 東京オリンピックのエンブレムの "L" って一体何なの? (その 2) | トップページ | 最近はエアコンを使っている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/61999214

この記事へのトラックバック一覧です: "ROCK IN JAPAN FESTIVAL" という名称を巡る冒険:

« 東京オリンピックのエンブレムの "L" って一体何なの? (その 2) | トップページ | 最近はエアコンを使っている »