« 「自転車用ハイウェイ」 がうらやましい | トップページ | 高湿度は大敵 »

2015/08/12

メンズウェアには、「がんばる」 と 「がんばらない」 しか選択肢がない

最近本当に久しぶりで、ある郊外百貨店の覆面調査みたいな仕事をした。で、ここでは細かいことは言わないが、メンズウェア市場というのは昔から相変わらず、「がんばっておしゃれするメンズ」 と 「おしゃれなんて関係ないメンズ」 の、2通りしかないのだなと思ってしまったのである。

この郊外型百貨店は、駅の改札口から 1〜2分歩いたところにある。そう言ってしまえばかなりいい立地に聞こえるかも知れないが、百貨店の入り口にたどり着く前に、ステーションビルのショップがどっさりとあり、40歳代以下ならばそこで捕まってしまう。駅舎の外にある百貨店には、まず足を伸ばさないだろう。

さらに郊外百貨店は、オバサマ向けの商品はいくらでもあるが、オジサマ向けの商品はとても限られている。一目見て 「あ、俺のセンスじゃないな」 と思ったら、それ以後は絶対に寄りつかない。「物理的にはあるけど、意識としてはない店」 になってしまう。

メンズウェアを購入するのに、一歩も気張りたくなかったらユニクロで買う。一歩気張りたかったら、都心店まで足を伸ばす。半歩気張りたい時に地元の郊外百貨店で買うのだろうが、現実の地元百貨店には、買いたくなる商品がない。

そんなわけで男には、大別して 「がんばったファッション」 と 「がんばらないファッション」 の 2通りしかなくなってしまうのである。つまり、「がんばったファッション」 に身を包むのが気恥ずかしいと感じてしまうと、現実的には 「がんばらない」 選択肢しかがない。

ちょっと前までは、「オジサンは背広とゴルフウェアとパジャマしかもってない」 なんて言われていて、今はさすがにそんなこともなくなったが、まともに語れるほどに進化したかといわれれば、そんなことは全然ない。

いい意味で中途半端な商品が豊富にあると、メンズウェアの裾野も広がるのだがね。

|

« 「自転車用ハイウェイ」 がうらやましい | トップページ | 高湿度は大敵 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

アロハと短パンと雪駄。
今夏はあまりに暑いので、Tシャツ短パンと雪駄。

しっかりが必要なシーンには、結局スーツかジャケットとチノパンですなぁ。

あ、がんばらないサイドのおっちゃんです…。

投稿: 乙痴庵 | 2015/08/13 07:04

乙痴庵 さん:

気候とメンズウェア流通の両面で、頑張らせてはもらえないんですよね (^o^)

投稿: tak | 2015/08/13 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62070350

この記事へのトラックバック一覧です: メンズウェアには、「がんばる」 と 「がんばらない」 しか選択肢がない:

« 「自転車用ハイウェイ」 がうらやましい | トップページ | 高湿度は大敵 »