« 安保法案で、しらけ度がさらにアップ | トップページ | 民主党が一昔前の社会党になってしまった件 »

2015/09/19

「シルバーウィーク」 にちょっとこだわってみたら

今日から 「シルバーウィーク」 なのだと、ニュースがはやし立てている。聞き慣れない言葉なので調べてみると、Wikipedia には 「日本の秋の休日が多い期間のこと。ゴールデンウィークに対する言葉」 とある (参照)。

明後日が 「敬老の日」 なので 「シルバーシート」 みたいな発想から、それと関係あるのかと思ってもいたが、無関係らしい。発端は 1950年代に 「ゴールデンウィーク」 同様、映画のプロモーションがらみで作られた言葉で、元々は 11月 3日の文化の日を中心とした一定期間を指していたという。そして現在は、秋の連休になる期間をテキトーにいうことになったようだ。

面倒なのは、これが毎年あるわけじゃなく、前にあったのは 6年前の 2009年で、次は 2026年まで待たなければならないという。なるほど聞き慣れないわけである。希少価値からいったら、「プラチナウィーク」 と言ってもいいぐらいだ。

さらにややこしいのは、つい最近まで知らなかったのだが 「老人の日/老人週間」 というのがあるらしく、これが今回の 「シルバーウィーク」 とかぶるのだ。全国社会福祉協議会によると、"9月15日は「老人の日」、9月15日から 21日までの  1週間は 「老人週間」 です" ということになっている (参照)。

そういえば 「敬老の日」 は、元々は毎年 9月 15日だったが、、いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって、2003年から 9月第 3月曜日に変わった。もっともこの改正の最初の年は、たまたま 9月 15日が第 3月曜日だったというのがご愛敬だが。

ついでだからもっと深く掘り下げてみると、この祝日の発端は兵庫県多可郡野間谷村(現・多可町八千代区)が 1947年 9月 15日から始めた 「としよりの日」 で、これが全国に広がったものらしい。1964年に 「老人の日」と改称され、翌年に国民の祝日「敬老の日」 として制定された。(参照

となると、9月 15日 の 「老人の日」 というのは、国民の祝日となった 「敬老の日」 の前身が、あたかも盲腸の如く残っているものなのだろう。ちょっと前までは 「老人の日 = 敬老の日」 でよかったわけだが、今では別の日になってしまい、同じ趣旨のことを短期間に 2度やるというややこしいことになっている。

まさに 「一度始めたことは容易に止められない」 (参照) というお役所仕事の典型を見る思いがする。「シルバーウィーク」 という言葉にちょっとだけこだわったみただけで、これだけのことが見えてきた。

|

« 安保法案で、しらけ度がさらにアップ | トップページ | 民主党が一昔前の社会党になってしまった件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62312410

この記事へのトラックバック一覧です: 「シルバーウィーク」 にちょっとこだわってみたら:

« 安保法案で、しらけ度がさらにアップ | トップページ | 民主党が一昔前の社会党になってしまった件 »