« 結果とプロセスの (意図的) 混同が、エンブレム騒動の根本原因 | トップページ | 18歳でダメなものが 20歳になったら即 OK という理屈 »

2015/09/03

グラフィック・デザインの世界の変わり目なのかも

今回のエンブレム 「パクリ」 騒動で、当初から言われていたのは、「シンプルなデザインでは、類似はある程度避けられない」 ということだった。確かにタイポグラフィとか、単純な図形を組み合わせることによる平面的デザインは、どう組み合わせようともどこか似てきてしまう。

おまけに色に関しても 「トレンド・カラー」 というものがあって、Intercolor という国際団体が、世界の色使いの潮流をまとめ、動向を予測したりしている。デザイナーたちはこれを無視できないから、色使いまで似通ったものになりやすい。

だから、受けのいい平面的組み合わせにトレンド・カラーを乗せたら、どうしてもどこか似通った印象になってしまうのは避けられない。あとは 「おっと、そうきたか!」 と思わせるような意表を突いた組み合わせをするという手があるが、それにしたってすぐに陳腐化する。

そこへもってきてネット界隈には、今回のエンブレム騒動で類似デザインをあちこちから見つけ出してきて注目されることに、味をしめてしまった人たちがいる。たまたま似てしまったデザインをもってこられて、無闇に 「パクリだ!」 と言われるリスクが高まったのだから、今やデザイナー家業も楽じゃない。

新たに公募し直されることになった東京オリンピック・パラリンピックののエンブレムだが、デザイナーたちには 「下手に突っ込まれたくない」 という意識が働いて、どうやら我も我もと応募したがる空気ではないらしい。

というわけで私は昨日の記事で、"「どう工夫してもある程度似通ってしまうのはしかたがない」 みたいな分野では、「ブルースのコード進行」 のようなフリーの 「入会地的ソース」 を認めておいて、利権主義的な 「知的所有権」 のコンセプトから、ある程度解放してあげなければ、そのうちにっちもさっちもいかなくなると思っている" と書いた。デザイン業界にはほとんど関わりがないが、そこまで心配してあげたくなってしまったのである。

しかし 1日経って、やっぱり 「別に素人がそこまで心配する義理はないね」 と思い直した。問題なのは今のグラフィック・デザインの主流が、タイポグラフィや単純な図形の組み合わせになっていることであって、手法を変えてしまえばデザインの可能性は広がる。

要するに行き詰まっているのはグラフィック・デザインそのものではなく、今の 「主流スタイル」 なのだ。いつの時代でも、メインの手法が行き詰まったら、新しい手法が生まれる。グラフィック・デザインは、たまたま今、その時期にさしかかっているということなんだろう。

今後いろいろと新しい模索が行われ、その中で 「これって、いいんじゃないの?」 と言われる要素が力を得て、共通する手法を採用する有力なデザイナーが輩出し、もしかしたら 「○○派」 なんて呼ばれ、それが新たなメインストリームを形成する。このようにして時代は変わり、繰り返し、また変わる。

今回のゴタゴタは、時代の変わり目を象徴する事件ということなのかもしれないね。

一つの可能性として、今は 「ユニークさ感じさせる絵の描ける人」 より 「既存のネタの組み合わせの上手な人」 が大いばりしているようだが、それが逆転するということはあると思う。より 「手の使える人」 が重宝されるだろう。つまり、グラフィック・デザインがちょっとだけイラスト寄りにシフトするだけで地平はぐっと広がる。

ただそれにしても、あまりにもアナログなところまで戻りすぎると問題だろう。そのあたりの匙加減がキーポイントかもしれない。

|

« 結果とプロセスの (意図的) 混同が、エンブレム騒動の根本原因 | トップページ | 18歳でダメなものが 20歳になったら即 OK という理屈 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

佐野氏の一連の騒動は、CCライセンスに対する日本のデザイナーの意識の低さが招いた騒動であって、国内は今までそれで通用してたけれど国外には通らなかったということと思います。こういった著作物に関してはTPPでも以前から大きな関心ごとの1つなのにどうも先で述べたライセンスの意識が低い日本は重大なことを重大と認知すらできてないんじゃないかと思うんですよね。そういう意味も含めてやっぱりこの騒動は、タイトルで掲げられた通りなのかもしれませんね。ただし日本国内においての話ということで。

投稿: Alex | 2015/09/04 00:39

Alex さん:

知的所有権の意識が高まれば高まるほど、タイポグラフィ的なグラフィック・デザインの可能性は狭まりますから、スタイル変化は促進されてしかるべきではないかと思われます。

で、この記事のタイトルがそうした意味合いで付けられているのは、本文を読んでいただければおわかりになるはずです。

というわけで、「日本国内においての話」というのが、「ん?」という感じです。

投稿: tak | 2015/09/04 12:42

自分の文章が下手なためにうまく伝わらないので正直にもう一度書き直します。

タイトルには同感したんですが、本文が同意できません。
まるでデジタルデザインであるがゆえに容易に因縁づけられてパクリ元が発見されたとの内容ですが、
問題は盗作行為にあります。デザインスタイルとの因果関係は成立しないでしょう。

例えるなら、ブログ記事の盗作騒動で かなと常用漢字という限られたテキスト形式では表現に限界があるので
これからはアナログ的に手で書いた紙を写真で公開する人が増えるかも、なんて言われると突っ込みたくなります。
同じグラフィック界隈で飯を食うものとしてもっと誠実に仕事をする人が日の目を見る社会になってほしいものです。

投稿: Alex | 2015/09/04 18:23

佐野研のやらかしたことは、デザイン選考の「なんとなく」を炙り出してしまった事実として、教科書に載るレベルだと思います。(んな訳ないか…)

まあ「いかに銭を引き出すか」、少なくとも建設、エンブレムの世界で、引き起こされた事実を見ていると自分本位すぎると感じざるを得ません。

オリンピックを成功させる一翼を担う、ではない可能性が強すぎて、残念至極の一連です。

投稿: 乙痴庵 | 2015/09/04 23:39

Alex さん:

>まるでデジタルデザインであるがゆえに容易に因縁づけられてパクリ元が発見されたとの内容ですが、

そんなことは言ってませんよ。

ただ、デジタル作品の世界においては、一見すると似た要素のある作品が発見されやすいのは、事実です。それはデジタル作品をデジタル技術を使って検索するのですから、親和性の点からも当然のことです。実際にパクリであるかどうかは別問題として。

>問題は盗作行為にあります。デザインスタイルとの因果関係は成立しないでしょう。

盗作行為が問題なのは、もちろん大前提です。私は盗作が生じやすいデザインスタイルがあると言っているのではなく、「一見似てしまいやすい」 つまり 「勘ぐられやすい」 リスクのあるスタイルが存在すると言っているのです。

「盗用」 (プロセス) と 「類似」 (結果) は分けて考える必要があるというのは、私の前日の記事の通りです。

この記事は、前日の記事の発展形です。よって、前日に書いたことの繰り返しはしていませんが、本文でそのことについては触れているので、できれば前日の記事にも目をとおしていただきたかったところです。

>これからはアナログ的に手で書いた紙を写真で公開する人が増えるかも、なんて言われると突っ込みたくなります。

デジタル作品と同じに見えるものを手で書いたとしても、つまり、異なるプロセスを辿ったとしても、その 「結果」 が類似しているならば、問題となることはいうまでもありません。

繰り返しますが、「プロセス」 と 「結果」 は別の問題です。

ただ、手で書いたことによる効果が、「類似していること」 を遙かに凌駕して、(類似しているからこその) 新たなオリジナリティを感じさせるものであるとしたら、それはまた、論議は呼ぶかもしれませんが、別のお話になるとは思います。

例えば書道作品なんかは、他人のテキスト (著作権の切れた古典が多いことはありますが) を書いていても、「書道作品」 としての価値をもつと、遙か昔から今に至るまで認められています。

むしろ、オリジナルテキストを書く書道家は極少数派ですね。他人の創作によるよく知られたテキストを書くからこその価値感というものもあるわけです。

>同じグラフィック界隈で飯を食うものとしてもっと誠実に仕事をする人が日の目を見る社会になってほしいものです。

私はグラフィック界隈でメシを食っているわけではありませんが、この点に関しては、大いに共感いたします。さらにいえば、それはグラフィック関連に止まらず、社会全体にいえることですね。

投稿: tak | 2015/09/05 18:09

乙痴庵 さん:

>デザイン選考の「なんとなく」を炙り出してしまった事実

「なんとなく」 というのが、言い得て妙 (^o^)

投稿: tak | 2015/09/05 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62212227

この記事へのトラックバック一覧です: グラフィック・デザインの世界の変わり目なのかも:

« 結果とプロセスの (意図的) 混同が、エンブレム騒動の根本原因 | トップページ | 18歳でダメなものが 20歳になったら即 OK という理屈 »