« 「バイキング料理」 という言葉 | トップページ | 自転車で転倒しやすい三大要因 »

2015/11/04

「どてら富士」 というもの

故郷の山の姿というのは、誰にとっても格別な思いのある者だが、富士山となると、これはもう、日本人全ての 「故郷の山」 みたいなものなんじゃなかろうか。旅をしていて富士山の姿がきれいに拝めると、ほんとうに感動する。

昨日、仕事で山梨県に行ったとき、富士山の姿がきれいに眺められた。しかしよく見ると、反対側は雲に蔽われているようで、多分東海道新幹線の窓からは、雲の上に頂上だけがぽつんと見えていたのではなかろうか。

Img_3961

富士山には実にいろいろな見え方がある。昨日のような富士山を、飛行機の上から見たことが 2度あり、どちらも写真に収めておいた。飛行機からはこんな風に見える富士山が、地上からは昨日のように見えるのだと思う。

_n

どちらも、どてらを羽織ったように見えるので、私は密かに 「どてら富士」 と名付けている。雲のもこもこ感覚が、どてらに見えてしまうのだ。

|

« 「バイキング料理」 という言葉 | トップページ | 自転車で転倒しやすい三大要因 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62615425

この記事へのトラックバック一覧です: 「どてら富士」 というもの:

« 「バイキング料理」 という言葉 | トップページ | 自転車で転倒しやすい三大要因 »