« サンタクロースは本当にいる | トップページ | 当たり前の中の一ひねり »

2015/12/25

12年間の毎日更新を達成

私事で恐縮だが、この ”Today's Crack" は本日で 12年間連続での毎日更新を達成した。干支が一回りしてしまったのだから、まあ、結構な期間である。

ブログ・サービスというものが存在しなかった平成 14年 (2002年) から、個人サイト内のコラムとして描き始め、その年の 8月から、「ほぼ毎日更新」 になった。そしてさらに 4ヶ月後の 12月 26日から 「正真正銘の毎日更新」 になったので、本日で 連続更新 12年目を満了した。

この間、平成 16年 7月にこのココログのブログ・サービスを使い始めたので、更新作業がかなり楽になった。ココログのシステムはいろいろ不具合の発生する期間が長く、かなり苛立ったこともあったが、まあ、このブログ・サービスがなかったら 12年も毎日更新を続けることは難しかったかもしれない。

私はココログの有料会員だが、わずかばかりの会費でその機能をこれだけ使い倒すほど使っていられるのだから、その意味ではしっかりと感謝しなければならない。ココログさん、ありがとう。

ブログを毎日更新することで、一体何の得があるのかと聞かれることがある。はっきり言って金銭的な見返りはほとんどない。たまにこのブログを読んだ出版社から雑誌などの原稿を依頼されることはあるが、それほど何度もあるわけじゃない。

メリットがあるとすれば、多様な物事を多少は掘り下げて考えるクセが付いたと言うことかもしれない。ブログによくあるのは、「今日はこれこれのことをした」 という日記風の記事だが、私としては一応読者を意識しているので、「それがどうした」 みたいなことでは収めず、「これこれのことで、こんなことに気がついた」 というところまで掘り下げるようにしている。

例えば、普通一般では「 台風の語源は、英語の "typhoon" である」 ということで済まされがちだが、私は 「じゃあ、英語の "typhoon" の語源はどうなってるんだ?」 というところまで突き詰めないと気が済まない体になってしまった。そんなところから、4年前の 「台風の語源は英語の "typhoon" というけど……」 「『台風』 と "typhoon" と 『将軍』 の関係を巡る冒険」 という 2つのウンチク記事ができたりしてしまう。

それからつい最近まで私は、「こうしてブログの毎日更新を続けていられるのも、自分が健康であるおかげ」 と思っていたが、もしかしたら 「ブログを毎日更新し続けているから、健康でいられる」 という逆説も成立するかもしれないと気がついた。ブログを止めたら案外すぐに風邪で寝込んだりしてしまうかもしれない。やりたいことと健康は、持ちつ持たれつだ。

とにかく明日から 13年目に突入する。

|

« サンタクロースは本当にいる | トップページ | 当たり前の中の一ひねり »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

tak先生の偉業に称賛の拍手をお送りいたします!
&よいお年を!(まだ早いですかな)

投稿: 萩原水音 | 2015/12/25 13:47

お邪魔します、がんなむぅです。
なんて殊勝な書き出しで、時々コメント欄を汚してしばらくとなります。
毎度、お世話になっております。

これからも、宜しくお願い申し上げます。
できるだけ、メートル上がらないうちにコメントします。(今日はまだ入ってません)

投稿: 乙痴庵 | 2015/12/25 15:43

萩原水音 さん:

ありがとうございます。

「よいお年を」の言葉は、大晦日まで取っておきます (^o^)

投稿: tak | 2015/12/25 17:06

乙痴庵 さん:

7〜8年前までは酒飲みながら更新なんてこともやってましたが、最近はめっきり飲まなくなってます。

人間、変われば変わるものですね (^o^)

投稿: tak | 2015/12/25 17:09

takさんのブログは毎日欠かさず読んでます。
色々学ぶことが多く感謝しております。

投稿: ハマッコー | 2015/12/25 20:18

ハマッコー さん:

ありがとうございます。
こちらこそ、あなたのような方たちに支えられています。

投稿: tak | 2015/12/26 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62892369

この記事へのトラックバック一覧です: 12年間の毎日更新を達成:

« サンタクロースは本当にいる | トップページ | 当たり前の中の一ひねり »