« 矛の納め時を逸すると、ヤバいことになりそうだから | トップページ | 寂寥感あふれる "RIZIN" という総合格闘技イベントを見て »

2015/12/29

「最終的かつ不可逆的」 を幻の流行語大賞に

昨日の記事で日韓の 「従軍慰安婦問題」 について、「この問題については、これ以上のことはあまり言う気になれない」 と書いたが、一つだけ書きそびれたことがあるので、ここで付け加えたい。

それは、この両国合意が 2ヶ月早ければよかったのにということだ。遅くとも 10月末あたりまでに合意に達し、マスコミが大きく取り上げていれば、12月 1日発表の 「新語流行語大賞」 では 「最終的かつ不可逆的」 というのが断トツの支持で大賞に選出されただろうに。

こんな時期の発表となってしまったので、もう来年の大賞の頃には色褪せてしまっているだろうから、返す返すも残念だ。せめて今年のうちに 「幻の流行語大賞」 扱いにしてあげたいものである。

それにしても、我々が普段 「最終的かつ不可逆的」 ということからいかに離れたいい加減な約束を連発しているか、ちょっと考えてみるだけで寒気がしてしまう。

結婚式で夫婦となることの誓いなんていうのは、「神の前での誓い」 という絶対的なものであるはずなのに、近頃は芸能人のみならず、ごくフツーのカップルでも簡単に離婚する。離婚するかもしれないのなら、あんなに嬉々として誓わなければいいのにと、私なんかいつも思ってしまうのだよね。

|

« 矛の納め時を逸すると、ヤバいことになりそうだから | トップページ | 寂寥感あふれる "RIZIN" という総合格闘技イベントを見て »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62960918

この記事へのトラックバック一覧です: 「最終的かつ不可逆的」 を幻の流行語大賞に:

« 矛の納め時を逸すると、ヤバいことになりそうだから | トップページ | 寂寥感あふれる "RIZIN" という総合格闘技イベントを見て »