« 産経新聞ソウル支局長の 「無罪」 判決と、大統領のレイムダック化 | トップページ | カーナビと紙の道路地図 »

2015/12/19

『スターウォーズ』 の新作が話題だが

『スターウォーズ』 の新作公開とやらで巷はえらい話題だが、申し訳ないことに私はまったく興味がない。『スターウォーズ』 だけでなく、『ロッキー』、『ジョーズ』 なども、全然見る気がしない。

先日カーラジオで聞いていただけなので、誰がそんなことを言っているのかも忘れてしまったが、アメリカン・ニューシネマは 1967〜8年から 1976年までのものなんだそうだ。で、1976年前後からアメリカ映画は新しい段階に入る。そういえば、スピルバーグの 『ジョーズ』 は 1975年、ジョン・G・アヴィルドセンの 『ロッキー』 は 1976年、 ジョージ・ルーカスの 『スターウォーズ』 は 1977年の公開だ。

私は音楽的にはリアルタイムでザ・ビートルズとボブ・ディランで育ち、映画は同様にアメリカン・ニューシネマで育った。『俺たちに明日はない』  『卒業』 『イージーライダー』 『明日に向かって撃て』 『ファイブ・イージーピ・ーセズ』 『真夜中のカーボーイ』 『スケアクロウ』 『ロンググッドバイ』 なんかは、私にとっての 「映画のスタンダード」 である。

何しろ私は、これらのアメリカン・ニューシネマを一渡り見てから遡る形で 『サウンド・オブ・ミュージック』 とか 『第三の男』 とか 『マイ・フェア・レディ』 とか 『街の灯』 とかの 「クラシック」 を見たのだよね。こんな形で遡ったから、私の中にはジョン・ウェインの西部劇みたいな 「アクション大作」 の系譜はないのだ。

これが、私が 『スターウォーズ』 にも 『ロッキー』 にも 『ジョーズ』 にも興味を抱けない理由である。同様に 『ミッション・インポッシブル』 にも 『マトリックス』 にも興味が向かない。

4年前に間違って、トムクルーズの 『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』 というのを見てしまったが、映画を見てあれほど後悔したことは、後にも先にもない。それは、こちらの記事に書いた通りである。

ならば、日本映画ならどうなるかというと、それはもう、小津安二郎監督作品ということになってしまうのだよね。要するに 「ハリウッド大作」 みたいなものには、ちっとも興味が向かない体になってしまっているのだ。

|

« 産経新聞ソウル支局長の 「無罪」 判決と、大統領のレイムダック化 | トップページ | カーナビと紙の道路地図 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画はあまり見ませんが、アメリカ版「ゴジラ」見たときに、”なんじゃこりゃ” の連続でストーリーなんか全くなくてひたすらゴジラが街を破壊するシーンばっかりで、正に”はいはい、これだけの破壊シーン撮るの大変だったね” と思いました。疲労感だけが残りましたね。

「パールハーバー」も海軍の航空機が真珠湾の艦船と基地の航空機を徹底的に打ちのめすシーンばかりで、いつ次の段階に移るんだろうとシラケていました。

今のアメリカ映画はつまらないですね。

「スターウォーズ」も初編は見ましたが、いまは全く興味がありませんね。

投稿: ハマッコー | 2015/12/20 02:27

ハマッコー さん:

>今のアメリカ映画はつまらないですね。

まあ、アメリカ映画全般ではないですが、「ハリウッド大作」は敬遠しといた方がいいですね ^^;)

ベストセラーのほとんどは、本好きは読まないというのと、同じようなものです。

投稿: tak | 2015/12/20 22:49

「スターウォーズ」はエピソード4~6、エピソード1~3と全部観ていますし、「ダイハード」も1~3、「ターミネーター」も全部観ていますので、ハリウッドアクション大作にはきわめて寛容な方だと思いますが、でも「スターウォーズ」新作にはあまり興味が湧きません(いずれ観るとは思いますが)。

なんか、普通に娯楽大作シリーズでいいのに、カルトなファンが目立つようになったり「…文化」「…現象」みたいな雰囲気になっちゃうと、却って醒めてしまうような気がします。

投稿: 山辺響 | 2015/12/21 15:32

山辺響 さん:

「すべてのジャンルはコアなファンが潰す」 という話を思い出しました。

http://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2014/03/post-abec.html

投稿: tak | 2015/12/22 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62901681

この記事へのトラックバック一覧です: 『スターウォーズ』 の新作が話題だが:

« 産経新聞ソウル支局長の 「無罪」 判決と、大統領のレイムダック化 | トップページ | カーナビと紙の道路地図 »