« 「ご馳走を食わない」 というポリシー | トップページ | 花粉症の症状が出始めてるっぽい »

2016/01/09

「赤旗」 バイト配達員の暴力沙汰というニュース

"「赤旗」バイト配達員逮捕、「新聞配るの早すぎ」注意で逆上・殴る 埼玉" という産経新聞の記事に 「???」 となってしまった。

このバイト配達員は、「配達先の富士見市役所 1階で、男性警備員(73)から「配達時間が決められた時刻より早い」と注意されたことに腹を立て、警備員の胸ぐらをつかみ、仲裁に入った別の男性警備員(65)の顔を殴った」 のだそうだ。

もう少し記事を読み進めると、このバイト配達員は 「『仮眠時間にかぶってしまうので、午前 5時から 5時半の配達時間を守ってほしい』と警備員から何度も注意を受けていたにも関わらず、時間外の配達を続けていた」というのである。しかしこれって、どうみても警備員の言い分の方がわがまますぎるんじゃないか?

『そもそも新聞購読の契約に、決められた 30分の間に配達するように指定できる条項があるなんて、聞いたことがない。新聞配達員は決められたルートに従って配達するのだから、市役所だけを特別扱いにしていたら、手間がかかってしょうがない。どうしても指定時間に配達してもらいたかったら、「時間指定特別料金」 みたいなエクストラを支払うべきだろう。

エクストラを払いたくなかったら、配達時間なんか指定しなくていいじゃないか。警備員の仮眠の時間とかぶっても別に不都合はなかろう。通用門のあたりに「新聞受け」 ボックスを設置すればいいだけのことじゃないか。この市役所の警備員の言い草は、フツーに考えたら悪質なクレーマー・レベルである。

ところが記事の最後には、「同市の赤旗西部東出張所は 『非常に迷惑をおかけし、深くおわびする。再度同じことがないよう十分に注意する』 とコメントしている」 とある。これっておかしいだろう。共産党って、こんなクレーマーの言い分を諾々と認めるところなのか。

ああ、わかった。この市役所には日本共産党員がゴロゴロいて、ごそっと多部数購読したりしているので、新聞受けには入り切らず、警備員が直接受け取るしかないのかもしれない。もしそうだとすると、実はバイト配達員も警備員も、両方気の毒な話ということになる。

そもそも市役所が特定政党の機関誌を購読するなんてのも、ちょっとなあという気がするし、これは 「一体、どこの国の話?」 と言いたくなるようなニュースだよね。とはいえ、日本中で案外よくあることでもあるんだろうけど。

|

« 「ご馳走を食わない」 というポリシー | トップページ | 花粉症の症状が出始めてるっぽい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/63032911

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤旗」 バイト配達員の暴力沙汰というニュース:

« 「ご馳走を食わない」 というポリシー | トップページ | 花粉症の症状が出始めてるっぽい »