« ケータイ料金改革の意味がよくわからない | トップページ | 「SMAP 解散か?」 というニュース »

2016/01/13

ノー天気な姑みたいな、浦安市長の 「出産適齢期」 発言

浦安市の松崎秀樹市長が成人式の挨拶の中で、「出産適齢期は 18歳から 26歳を指す」として、「若い皆さん方に大いに期待したい」と述べたと報じられた。ちなみにこの 「出産適齢期」 というのは、日本産科婦人科学会のデータなのだそうだ。

この市長は出生率の低下による人口減少を憂いて、そのあまりの発言だったんだろうが、いくら新成人に 「大いに期待」 したところで、その効果は期待できない。むしろ逆効果が生じるんじゃないかと心配になったりする。

逆効果というのは、限定された 「出産適齢期」 なんてものが既成事実化されることで、その年齢を過ぎた女性は 「もう生まなくていいのよね」 なんて思ってしまいかねないことだ。そんなことになれば、出生率低下にますます拍車がかかる。

周囲を見渡せば、多くの女性が 30歳を過ぎてから結婚している。結婚しなければ出産しちゃいけないってわけじゃないし、いわゆる 「できちゃった婚」 もやたら多いわけだが、いずれにしても日本産科婦人科学会のいう 「出産適齢期」 を真に受けてしまったら、ただでさえ低い出生率がさらに下がってしまう。

今回の浦安市長の発言は、嫁さんに 「おめでたはまだなの?」 としつこく聞きたがる姑とそんなに変わらない。「余計なお世話」 である。本当に出生率を上げたいのなら、政治家はその環境を整えることに力を注ぐべきであって、成人式の挨拶でノー天気な姑みたいな発言をすることじゃなかろうよ。

|

« ケータイ料金改革の意味がよくわからない | トップページ | 「SMAP 解散か?」 というニュース »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/63063040

この記事へのトラックバック一覧です: ノー天気な姑みたいな、浦安市長の 「出産適齢期」 発言:

« ケータイ料金改革の意味がよくわからない | トップページ | 「SMAP 解散か?」 というニュース »