« 私の場合、学歴詐称ではなかったので、よろしく | トップページ | 「子供を 2人以上産むこと」 という校長発言 »

2016/03/27

「暑さ寒さも彼岸まで」 の、本当とウソ

よく 「暑さ寒さも彼岸まで」 といわれるが、それは半分ウソで半分本当である。冬から春への大きな変化で言えば、立春あたりを寒さの底として、そこからだんだん春らしさが現れ、彼岸頃には、いくら寒の戻りになっても、真冬の寒さほどにはならない。

しかし細かいことを言っちゃうと、今年みたいに彼岸の入りの頃にゴールデンウィーク頃のような暖かさになり、彼岸の中日を境にしてまた冬の寒さがぶり返すなんてことがある。おかげで今週初めに開花宣言が出された東京の桜も、その後の冷え込みで花が長持ちしている。

よく春先の天候変化を 「三寒四温」 なんていうが、これ本来、大陸では、冬の間の天気の変化を言ったものだというのは、結構知られているお話だ。中国や朝鮮半島の冬は、1週間単位で寒さと温かさが繰り返すことが多いらしいのである。ところが日本の冬ではそんな現象は滅多にないので、春先に寒さと温かさを繰り返しながら、だんだん本格的な春になるという意味で使われるようになった。

しかしこの日本流の 「三寒四温」 が、近頃妙に極端なような気がするのである。今年の春彼岸みたいに、暖かいと言ったら、外を歩いているだけで汗ばむほどの温かさになるし、それが一転して、一度しまったダウンパーカをまた引っ張り出すほどの寒さになる。

まあ、地球全体の気候が 「温暖化」 という名の 「極端化」 に向かっているのだから、これはもう 「そんなもんだ」 と認識して体を慣らしていかなければならないだろう。もう 1週間足らずで 4月になってしまうが、そうなるともう、25度以上の 「夏日」 とか 30度以上の 「真夏日」 なんていうのが、平気で出現するに違いないのである。

私なんか、うだるような暑さを今から覚悟しちゃってる。このままのペースで気候変化が続いたら、そのうち日本の夏は地獄の一丁目みたいなことになるだろう。

|

« 私の場合、学歴詐称ではなかったので、よろしく | トップページ | 「子供を 2人以上産むこと」 という校長発言 »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

「暑さ寒さも彼岸まで」の他に、京都では「比良八講荒れじまい」というのもあります。
3月26日の比良八講が終わると比良颪もおさまるというのですが、今年は昨日もまだ冬のコートが必要でした。

近年の寒暖の差の激しさは少し異常なようにも感じられます。

投稿: ちくりん | 2016/03/28 12:15

ちくりん さん:

「寒の戻り」 の戻り方が、「ここまで戻るか!」 という感じですよね ^^;)

それにしても、「比良八講荒れじまい」 とは、日本全国に似たような言い習わしがあるのでしょうが、さすが京都は、なかなかの都風情ですね。

投稿: tak | 2016/03/28 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/63404627

この記事へのトラックバック一覧です: 「暑さ寒さも彼岸まで」 の、本当とウソ:

« 私の場合、学歴詐称ではなかったので、よろしく | トップページ | 「子供を 2人以上産むこと」 という校長発言 »