« 子供の頃は、イノシシって想像上の動物と思っていた | トップページ | 2泊 3日の出張で、iPhone のバッテリー容量不足が決定的 »

2016/05/17

「おもてなし」 には、やっぱり裏があった

先月の 24日28日に、「おもてなし」 の語源が 「表裏なし」 だなんていう寝言を批判した。その途端に 「おもてなし」 には 「裏」 があったとわかったのは、まったくもって皮肉なことだった。

ほかでもない。東京オリンピック招致委員会が、シンガポールのコンサルティング会社に約 2億 3000万円を支払っていたという件だ。招致委員会はこの支出は必要なコンサルティング料だったとシラを切っているが、この会社が国際陸連の前会長と関係が深かったというのだから、まあ、その使い道は賄賂だったのだろうね。

フランスの検察はヨーロッパの国の賄賂だったら、見逃していたかもしれない。しかしフランスに限らず、スポーツの世界の賄賂体質にはむかついていたのだから、アジアの非白人国の賄賂疑惑をこれ幸いと利用して、この世界の正常化を図ろうとしているんじゃないかと、私は踏んでいる。

あの時は、日本以外のどこの国もあまり注目していなかった 「お・も・て・な・し」 に、自分だけでウケていた観があり、私としてはかなりシラけていたのだが、まあ、「表なし」 で 「裏があった」 ということだったと知って、「さもありなん」 ということになったわけだね。これを機会に、スポーツの世界もあまりあさましいことをしないようになってくれれば幸いというものだ。

|

« 子供の頃は、イノシシって想像上の動物と思っていた | トップページ | 2泊 3日の出張で、iPhone のバッテリー容量不足が決定的 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/63646952

この記事へのトラックバック一覧です: 「おもてなし」 には、やっぱり裏があった:

« 子供の頃は、イノシシって想像上の動物と思っていた | トップページ | 2泊 3日の出張で、iPhone のバッテリー容量不足が決定的 »