« 放送事故レベルと話題の、民放連 「Stop 温暖化 CM」 | トップページ | この夏の参院選と改憲論議 »

2016/06/21

英国の EU 離脱派が抱える矛盾

英国の EU 離脱の賛否を問う国民投票が、6月 23日に行われる。客観的に見れば、EU に留まる方がいいに決まっているように思えるのだが、世の中とは不思議なもので、英国内では EU 離脱を求める声が高まっていて、投票の結果はどちらが勝つにせよ、かなり拮抗したものになると予想されている。

EU 離脱を求めるのは労働階級に多く、移民によって仕事が奪われているという感覚が強い層であるらしい。しかし EU を離脱すれば移民は減るかも知れないが、経済が停滞して仕事そのものが減ってしまうだろう。

EU 離脱を求めるのは、そうした 「反移民」 の感覚だけではないはずだ。英国は元々 「ヨーロッパは一つ」 という考えに馴染んでいない。フランスやドイツは、昔から大きな戦争の度に領土を取ったり取られたりしているから、「だったらいっそ、自分たちはヨーロッパ市民と思う方が手っ取り早い」 なんて思っているところがあるが、英国はそうじゃないのだ。島国だし、英連邦という広大な背景ももっているし。

EU に属しながらも、通貨はずっとポンドのままで、道路交通を見ても英国では車は左側通行である。英連邦諸国でも世界の大勢に従って右側通行に変えてしまう国が多いというのに、英国はこれからもずっと伝統を守り通すだろう。なぜか日本までそれに従っているのが面白いところである。

そんなこんなで、英国のとくに高年齢層は 「俺たち、ヨーロッパ市民なんかじゃないもんね」 と思っているから、簡単に EU 離脱を求めたがる。しかしそうしたナショナリズムを肯定するならば、その次はスコットランドや北アイルランドを独立させなければ論理の辻褄が合わなくなる。

「英国は別だもんね」 という主張は、英国内では 「スコットランドは別だもんね」 という主張と相似形をなすし、ましてや北アイルランドに至っては 「俺たち、植民地なんだから独立して当たり前だもんね」 ということになる。独立問題がまたぞろ大問題になってしまうだろう。

英国はこれまでもずっと、EU のいいとこ取りをしてきたのだが、離脱するとなると、「EU とは袂を分かつけれど、スコットランドと北アイルランドはずっと併合したままでいたいんだもんね」 という、かなり自分勝手すぎる主張をすることになる。それはなかなか通りにくいんじゃあるまいか。EU 離脱によって経済が下降してしまったら、スコットランドと北アイルランドの独立派は過激な方向に走ってしまうはずだ。

つまり英国は、グレート・ブリテン・北アイルランド連合王国の仕組みを守りたいというなら、EU は離脱しない方がいいという、妙な矛盾要素を抱え込んでいる。

日本にいてはこのあたりの感覚は理解しにくいが、UEFA EURO 2016 サッカー欧州選手権で、英国がイングランド、ウェールズ、北アイルランド (スコットランドは予選落ちしちゃったようだ) に分かれて戦っているのをみても、これらは別の国なのだとわかる。連合王国統一チームとして出ればかなり強いのだろうが、それは 「あり得ないこと」 のようなのだね。

|

« 放送事故レベルと話題の、民放連 「Stop 温暖化 CM」 | トップページ | この夏の参院選と改憲論議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

またまたラグビーの話題で恐縮ですが、ラグビーでは、4年に一度かな(次回は来年)、ブリティッシュ&アイリッシュライオンズというイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドによる合同チームが結成されて、南半球(ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカのいずれか)に遠征します。

ちなみに(これもだいぶ前にコメントで書いたような気がしますが)ラグビーにおける「アイルランド」は、アイルランド共和国と英領北アイルランドの合同(つまりアイルランド島全体)です。

ですから、上述のブリティッシュ&アイルランド・ライオンズは、グレートブリテン島とアイルランド島の合同チームです。

それが個々のチームより強いかというと……まぁ強いかな。でも寄せ集めチームであることには変わらないので評価は難しいですね…。

オリンピックではリオから7人制ラグビーが採用されますが、オリンピックは国籍主義なので、イギリス統一チームが作られるようです。

投稿: 山辺響 | 2016/06/22 11:19

山辺響 さん:

なるほど。

まあ、ことほど左様に、ヨーロッパの 「国」 の概念は固定的なものじゃないんですね。

英国の EU 離脱派は、そのビミョーさの上で、「英国の主権」 なるものと、スコットランド、アイルランドのナショナリズムとの兼ね合いを、どう取るつもりなのか、あるいは、その辺は今は言わないでおこうということなのか。

いずれにしても、突き詰めて考えるとボロが出てきますね。

投稿: tak | 2016/06/23 05:57

EU離脱ならまた独立に向けた住民投票も、という報道がありますね。

https://www.theguardian.com/politics/live/2016/jun/23/eu-referendum-result-live-counting-leave-remain-brain-in-europe?page=with:block-576ca423e4b0f43038109777&CMP=share_btn_tw#block-576ca423e4b0f43038109777

投稿: 山辺響 | 2016/06/24 13:08

山辺響 さん:

当然そういう理屈になりますよね。
そもそも、スコットランドは残留支持派が多いわけだし。

さらに北アイルランドの問題も再燃するでしょうね。

投稿: tak | 2016/06/24 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/63807915

この記事へのトラックバック一覧です: 英国の EU 離脱派が抱える矛盾:

« 放送事故レベルと話題の、民放連 「Stop 温暖化 CM」 | トップページ | この夏の参院選と改憲論議 »