« 比叡山の横川まで行ってみて | トップページ | 「生花」 と書いて 「せいか」 と読むか 「なまばな」 と読むか »

2016/08/06

"Hunting cap" と 「鳥打帽」

年に数回あるかないかの、ファッション・ネタである。

英語の "hunting cap" は日本語で 「鳥打帽」 と言われることが多いが、実は昔から、両者はかなり重なる部分が多いものの、イコールの関係ではないのではないかと、漠然と思っていた。ただ、あまり漠然とした思いだったので、この年まで改めて検証してみるまでには至らなかったのである。

こういうことって、案外誰でもあるんじゃなかろうか。ぼんやりとした疑問を、長年胸の奥にしまい込みながら、何となく晴れない思いになっているってことが。最近、この長年の漠然たる疑問が熟成されて遂に 「明確な疑問」 と化してしまい、ようやく調べてみる気になった。

手始めに Wikipedia で 「ハンチング帽」 を調べると、次のように説明されている。

裕福なイギリス人の間ではシルクハットを被る習慣があったが、乗馬や狩猟などの激しい運動に向いていなかったため、頭の形に合っていてずれにくいハンチング帽が生まれた。実用性が高く安価に生産できるハンチング帽は、庶民にも広まっていった。特に庶民が好んで着用したことから、ハンチング帽は庶民のシンボルとなった。現在では風雨や寒さから頭部を護ると言う実用的な意味は薄れ、もっぱらファッションアイテムとして扱われている。

日本語では鳥打帽 (とりうちぼう) とも呼ばれ、明治20年(1887年)頃から商人が被るようになったため、当時は商人の象徴となった。近年は刑事(特に特高)・探偵のイメージに使用される場合もある。

そして Wikipedia のこの項目に添えられた写真は、こんなやつだ。日本人の抱く 「鳥打帽」 のイメージにぴったりである。帽子の上の部分が前方にたぐられるようにして、つばの部分に引っ付いている。

Flatcap

なるほど、項目の説明にもぴったりのイメージである。これが 「庶民のシンボル」 となったということに関しては、古い洋画を見ても、こんな帽子が労働階級のアイコンみたいに使われているし、一方、日本で 「商人の象徴」 となったということについても、「なるほど、確かにそうだよね」 と思う。富山の薬売りさんも、よくかぶっていた記憶がある。

しかしこの Wikipedia の項目には、次のような記述もある。

ハンチング帽には様々な種類が存在し、正統派とされるものは天井が真円に近く、一枚布で作られたものである。

そして、モナコハンチング、 アイビーハンティング、プロムナード-、キャスケット などのバリエーションが存在するという。キャスケットというのは、近年ではファッション・アイテムとして、可愛い女の子がかぶったりしている。

試しに英語の "hunting cap" で画像検索してみると、なるほど、確かにいろいろなスタイルのものがある (参照)。日本人のイメージする 「鳥打帽」 のまんまのものが最も多いようだが、そればかりではない。ベースボール・キャップのようなものもあり、はたまた耳覆いのついた越冬隊の帽子みたいなのもある。

やはり、日本人のイメージする 「鳥打帽」 は、本来の "hunting cap" の代表的なスタイルではあるが、それだけというわけではなく、どうやら 「含む/含まれる」 の関係のようなのだ。「鳥打帽」 は "hunting cap" に含まれるというところに落ち着くと考えればいいだろう。

うん、これで 「漠然たる疑問」 は解決した。

しかし、新たな疑問も湧いてきた。Wikipedia の中の 「近年は刑事(特に特高)・探偵のイメージに使用される場合もある」 という部分である。なるほど、確かに鳥打帽は、昔の刑事や特高の、悪いイメージに使われることがあったと思う。しかしその理由がはっきりしない。

これに関しては、シャーロック・ホームズがかぶっていたからだという説があるが、実は彼がかぶっていたのは 「鳥打帽」 ではなく、「鹿打帽」 (deerstalker hat) というものだ。Wikipedia の 「鹿撃ち帽」 の項目には、こんな写真が添えられている。

Yellowhardhat

なるほど、確かにこれがシャーロック・ホームズのかぶっている帽子の、典型的なイメージだ。これは 「鳥打帽」 とは全然違う。じゃあ、どうして日本では 「鳥打帽」 が刑事や探偵のアイコンとして使用されたのだろう。これは大きな疑問である。

私が思うに、戦時中は 「嫌われ者」 だった特高を映画の中で描くのに、あえて 「庶民の象徴」 だった鳥打帽をかぶらせて、「国家権力」 というもののイメージを引きずり下ろしたという意図があったのではなかろうか。貴族的なイメージの 「鹿打帽」 なんか、決してかぶらせてはいけなかったのである。

う〜む、「鳥打帽/ハンティング・キャップ」 ということから、意外なところまで世界が広がってしまった。

|

« 比叡山の横川まで行ってみて | トップページ | 「生花」 と書いて 「せいか」 と読むか 「なまばな」 と読むか »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

庶民に紛れて情報収集するスパイのイメージからなのかな、とも思ったり。

投稿: たに | 2016/08/08 11:08

たに さん:

>庶民に紛れて情報収集するスパイのイメージからなのかな、とも思ったり。

なるほど。
でも、いかにもイメージ通り過ぎて、かえって目立ったりして (^o^)

投稿: tak | 2016/08/08 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/63892591

この記事へのトラックバック一覧です: "Hunting cap" と 「鳥打帽」 :

« 比叡山の横川まで行ってみて | トップページ | 「生花」 と書いて 「せいか」 と読むか 「なまばな」 と読むか »