« 「アスリートは短命」 説の逆利用 | トップページ | まだまだ多い "Hallo Ween" という誤記 »

2016/10/30

ファンシーケースはどこに消えた?

そういえばその昔 「ファンシーケース」 というものがあったなあと思い、気紛れに画像検索してみたら、『みつこのジャバライフ』 というブログの 2013年 3月 28日の記事に、ぐっとくる写真を発見した。これ、私が大学入学し、18歳 (つまり 46年前) で上京した時に持っていたのと同じ懐かしいものだ。

Fancy

上の写真は、みつこさんのブログから拝借したものである。このファンシーケースは私の持っていたのと、多分品番まで同じだろう。アコーディオン奏者であるらしいみつこさんに、妙な親近感を覚えてしまったよ。

あの頃、せまいアパート暮らしをしている学生は、ほとんど全員がファンシーケースというものを持っていた。もしかしたら今の若い人は知らないかもしれないので、念のために説明しておくと、細いスチール製を直方体に組んだフレームを塩ビのカバーで覆ったワードローブ入れである。大抵は前面のファスナーで開閉する方式で、中にはハンガーにかけた服を吊しておくことができた。

今どきのアパート (というか、いわゆるワンルーム・マンション) は、大抵造り付けのワードローブがあるから、こんなものは要らないのだろう。しかし昔のアパートは 4畳半に押し入れなんていうのがほとんどだったから、ファンシーケースが必需品だったのである。

ところで私のファンシーケースは、どうしちゃったんだろう。いつ、どんな風に処分したのか、全然記憶にない。購入当時は真っ白に黒いプリントだったのだが、ずっと持ち続けていたらみつこさんちにあるみたいに、いい具合にセピア色風に近付いていたかもしれない。なんだかもったいないことをしてしまったような気がしてきた。

ちなみにファンシーケースは決して絶滅してしまったわけではないらしい。Amazon のサイトで検索すると、ちゃんと現役の商品としてリストアップされている (参照)。ただ、昔はほとんどがプリント柄だったのだが、今はすっきりとした無地が多い。時代を感じる変化である。

ここでちょっとした警告だが、上の 「(参照)」 という部分をクリックしてしまうと、以後、アクセスするページの多くに、要りもしないファンシーケースの広告が表示されてしまう可能性がある。別に実害はないのだけどね。

|

« 「アスリートは短命」 説の逆利用 | トップページ | まだまだ多い "Hallo Ween" という誤記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ファンシーケース...懐かしいですねえ。
四畳半の部屋にありましたねえ。
アパートが夏には蒸し風呂状態になってしまって、ファンシーケース開けたら中のスーツとセーターが虫に食われてボロボロになってました。悔しかった。

私が使っていたのも、車の絵がプリントされていたと思います。多分これです。
いつ処分したのか全く記憶にないです。
写真見て、いろいろな記憶が蘇ってきました。
取り留めのない書き込み失礼しました。

投稿: ハマッコー | 2016/11/01 01:05

ハマッコー さん:

図らずも同じファンシーケースを使っていたわけですね (^o^)
これって、ベストセラーだったのでしょうかね。

ファンシーケースは塩ビ (だったと思うのですが) カバーなので、通気性がなくて、内部環境はあまりよくなかったのでしょう。防虫剤を入れておくべきでしたね。

投稿: tak | 2016/11/02 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/64421761

この記事へのトラックバック一覧です: ファンシーケースはどこに消えた?:

« 「アスリートは短命」 説の逆利用 | トップページ | まだまだ多い "Hallo Ween" という誤記 »