« 昔のビデオでもの悲しい郷愁に浸る | トップページ | カタカナ言葉は 「魔法の呪文」 »

2016/11/17

時間の経つのは早いものだ

もう 11月の半ばを過ぎてしまった。今年はあと 1ヶ月半しないうちに終わる。こうして 11月後半に入ったあたりが、時の経つのを最も早く感じてしまう時期である。12月に入ってしまうと、もう開き直りというか、あせりも感じなくなってしまう。

Img_7438

11月の段階ではまだそこまで開き直っていないから、「正月を迎えたのはつい先日みたいな気がしているのに、もうこんな季節になってしまったのか!」 という想いにとらわれる。「まだ何にもしていないのに、年が終わってしまう。勘弁してくれ!」 と思うのである。それで、ついじたばたしたくなってしまう。

ところが 12月に入ってしまうと、開き直れるというか、まあ、あきらめがつく。「今年もこれといって何もできなかったけど、また来年があるさ」 と思えるのである。だから 「できなかったことども」 は放り出して、正月の準備をする。

つまり大掃除をしたり、年賀状を書いたりするのである。するとある意味、気が紛れるのだ。「何もできなかったけど、とりあえず、やらなきゃいけないことを片付けちまおう」 と、ごちゃごちゃやってる間に、大晦日はやってきて、年は明けてしまう。年が明けたら、また 「いろいろやんなきゃね」 なんて思いながら、何にもできないうちに時間ばかりが過ぎていく。

こんなことを繰り返すうちに、時の経つのがますます早く感じるようになる。やれやれ。

|

« 昔のビデオでもの悲しい郷愁に浸る | トップページ | カタカナ言葉は 「魔法の呪文」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/64507525

この記事へのトラックバック一覧です: 時間の経つのは早いものだ:

« 昔のビデオでもの悲しい郷愁に浸る | トップページ | カタカナ言葉は 「魔法の呪文」 »