« 「モバイル Suica」 というできの悪いアプリ | トップページ | 米国大統領選の裏に潜む 「象チャート」 »

2016/11/05

下手の考え休むに似たり

この時代になっても、まだ FAX (正しくは 「ファクシミリ」 なんだろうけど) というものを使っている。用件の 90% 以上はメールで済ませるのだが、相手によっては FAX 対応しかできなかったりする。向こうとしては FAX が使えさえすれば、新時代に十分に対応していると思っているようで、たとえメールができても 「添付ファイルって何?」 なんて人もまだいるのである。

Img_7315_3

とはいえ、近頃は FAX を使う機会がめっきり減った。頻度は月イチにも届かず、1年に 10回あるかないかという程度である。早く 1年に 1度も使わずに済む世の中になってもらいたいものだ。なにしろ受信する FAX の半分以上は 「宛先違いの FAX」 か 「迷惑 FAX」 で、ということは、1年にたった 2〜3度の 「まともな受信」 のために、今でも FAX と手を切れないでいるのだ。

困ったことに我が家の電話番号 (FAX 兼用) は、同じ市内の某企業の FAX 番号と似ているため、忘れた頃にその企業宛の 「発注票」 というのが我が家に送信されてくるのである。10年前頃までは、それこそ月イチぐらいのペースで届いていたこともあり、最近はめっきり減ったというものの、やっぱり皆無にはなっていない。

10年前の間違い頻発時代は、こちらも 「注文したはず品物が届かないのでは、気の毒」 と思うから、親切に転送してあげていた。ところが、間違い FAX の多くが同じ会社からだと気付くのにそれほどの時間はかからなかった。

そこである日、「そちらの会社から、いつも○○社宛ての間違い FAX が届くので、多分 FAX の番号登録が間違っているんだと思います。確認してみて、間違っていたら修正しておいて下さい」 と電話を入れた。「これで安心」 と思っていたのだが、その会社からの間違い FAX は全然減らない。

おそらく電話を受けた女子事務員が、こちらの言ったことを理解できなかったのだろう。FAX 機に予め登録された番号ではなく、自分の手書きの電話帳なんかを見て、「なによ、間違ってないじゃん」 なんて呟いて済ませてしまったのかもしれない。

というわけで、こちらとしてはもう余計な親切はしないことに決めた。それどころか、それまで何度も電話代負担で転送してあげたのだから、お礼に菓子折持って挨拶に来てもらってもいいぐらいのものだ。

注文票が届かなくなっても、向こうにしてみれば単に自分の責任である。こちらとしては、もう付き合いきれない。そうこうするうちに、間違い FAX はやがて来なくなった。

多分当事者間で、「注文した品物が届かないぞ! どうなってるんだ?」 「いや、こちらは注文なんて受けてません。そう言えば、前にも御社からの間違い FAX が、何度か転送されてきてましたよ」 「えっ、そうだったのか!」 なんていうやり取りがあって、ようやく登録番号の間違いに気付いたのだろう。

やれやれである。こんなんだったら、初めから転送なんてしなければよかった。その方がずっと話が早く済んだのだ。こうして私は、余計な親切は相手のためにならないだけじゃなく、全体の流れのためにも役に立たなかったりすると学んだのである。

「下手の考え休むに似たり」 というのは、本当のことである。そういえば、「あのオッサン、メールを送ってもちっとも開いてくれないけど、FAX ならすぐに見てくれるから」 なんて言って、いつまでも FAX 送信してあげたりするのも、そんなことをするから、いつまで経ってもメールを開いてみる習慣がつかないのかもしれないよね。

|

« 「モバイル Suica」 というできの悪いアプリ | トップページ | 米国大統領選の裏に潜む 「象チャート」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>宛先違いの迷惑FAX

我が家のTEL番号も某有名建設関係の会社と一字違いの為、何度もtakさんと同じ経験をしました。

最初のうちはそのたびに、宛先会社にわざわざ知らせてあげ、送信者に注意を促すように言っておりましたが、相手はその場限りの「すみません。」の言葉を繰り返すだけで、一向に改まりませんでした。

あまりのことに親切心も失せて、誤送されてきても放置するようにしたところ、しばらくしたら全く来なくなりました。

人に親切にしてもらっているうちは、それに甘えて真剣に正そうとしない、痛い目にあって初めて対策を考えるのだと気づかされました。


投稿: K.N | 2016/11/06 15:51

K.N さん:

やっぱり、そんなもんなんですかねぇ。
「情けは人のためならず」 って諺まで思い出してしまいました。

投稿: tak | 2016/11/06 21:10

プリンタ兼faxって悩ましい存在ですね。
使わなくてもインクは毎日少しずつ減っていく。
3500円のインクセットを装填してもいつのまにかカートリッジが空になって「インクを補充してください」とうるさくて仕方ない。一年で10ページしか受信しないのに、その間に各色が空になる。

一ページ゙受信するのに350円のインク代がかかっている計算になる。昨日は黒インクだけ購入してカラーインクは止めました。それでも一ページあたり100円もかかる。

プリンター業界って狂ってますね。
インク付きプリンタが2980円。インクセット2780円で売られてました。インクでぼろもうけですね。

投稿: ハマッコー | 2016/11/07 00:04

ハマッコー さん:

ウチのプリンターはそこまでじゃないですが、それでも、カラーページなんてそんなに印刷しているわけじゃないのに、カラーインクが減りますね。

これはプリンター業界の 「陰謀」 としか思われません。

投稿: tak | 2016/11/07 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/64448426

この記事へのトラックバック一覧です: 下手の考え休むに似たり:

« 「モバイル Suica」 というできの悪いアプリ | トップページ | 米国大統領選の裏に潜む 「象チャート」 »