« 例の森友学園の問題で思うこと | トップページ | あのやたらとつま先の長い 「スワールトゥ・シューズ」 を巡る冒険 »

2017/02/28

4LDK のマンションの広さ

SUUMO よいう不動産物件サイトの広告で、「4LDKって…ひ、広い!」 というのがある。なんでも、埼玉の新築マンション情報なのだそうだ。でも正直なところ、4LDK って、そんなに広いわけじゃないのだよね。とくに首都圏のマンションなんて、名目 8畳の部屋が、田舎の 6畳間ぐらいのものなんだから。

170228

実は我が家だって 4LDK である。昔の田園地帯を造成した住宅地の一戸建てだから、多分首都圏のマンションの 4LDK より広いと思う。だけど、我が家の周囲の元から住んでいる人たちの、御殿みたいな家に比べたら、おもちゃみたいなものだ。

何しろ、8畳間のあるマンションに引っ越して 「いやあ、8畳間って広いねえ」 なんて言ってる人に、田舎のオッサンが 「ウチには 10畳以下の部屋なんてねえよとは、気の毒で言えなかったよ」 と苦笑いしていたぐらいのものである。家のサイズに関する感覚というのは、都会と田舎ではかなり違う。

そして米国あたりの人間のスペース感覚はさらに広大だ。ニューヨークの住宅なんて日本人の感覚とそんなに変わらないが、中西部の住宅となると、もう、広いなんてものじゃない。少なくとも 20畳ぐらいのスペースのリビングルームに、ソファが点在している。日本の 「応接 3点セット」 みたいな、コンパクトにまとまったものじゃないのだ。

家族があんなに離れたソファに座るのだから、声だって自然に大きくなる。あのスペースに日本人が入ったら、いつの間にか自然に真ん中に寄り集まって小さな車座になってしまう。

都会に住んでいたら、人間の感覚はどうしてもチマチマしたものになってしまう。時々は自然の中に出て、思いっきり空気を吸って歩き回ることが必要だ。マンションの 4LDK ごときで、「ひ、広い!」 なんて言ってちゃいけないのである。

|

« 例の森友学園の問題で思うこと | トップページ | あのやたらとつま先の長い 「スワールトゥ・シューズ」 を巡る冒険 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

広いお屋敷だと、隠しものが見つかりにくいですよね。

隠れん坊とか‥
小さい部屋の方が、見つかりやすいですよね。
天井の狭い体積の狭い方が暖房器具など高効率でほっとします。
白川郷とかは、豪雪地帯ででっかいお家で、囲炉裏がボンとあって、広いお部屋なのに温まるのかなと疑問に持ちます。
takさん庄内出身だからその辺詳しいんじゃないかと、教えていただきて頂たいです。

投稿: BEKAO | 2017/03/03 16:28

BEKAO さん:

庄内に合掌造りはないので、なんとも。

投稿: tak | 2017/03/04 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/64945248

この記事へのトラックバック一覧です: 4LDK のマンションの広さ:

« 例の森友学園の問題で思うこと | トップページ | あのやたらとつま先の長い 「スワールトゥ・シューズ」 を巡る冒険 »