« 休みたい! | トップページ | 「ぜひぜひ」 に関する考察 »

2017/04/26

「業の深さ」 を感じさせる今村復興相の辞任

今村雅弘復興相が、つまらない失言問題で辞任するという。つい先日の記者会見では大荒れ発言などもあって、「つい、いろいろ口走っちゃいやすい人」 みたいだから、気をつけなきゃまたやるだろうなあと思ってはいたが、もうやっちゃった。

17042262

あの東日本大震災の問題を 「まだ東北で、あっちの方だったからよかった」 なんて言ったというのだが、所詮は他愛もない軽口ではある。ただ、私の住む茨城県南部もれっきとした被災地であり、しかも私は東北出身でもあるので、「他愛もない軽口」 とは思っても、正直なところ、ムッとくるところはある。

この人、昨年の熊本の地震に関しては 「九州の方だからよかった」 なんて、絶対に言わないだろう。何しろすぐ近くの佐賀県出身で、選挙区も佐賀県だしね。あの発言の趣旨は 「首都圏に近かったら莫大な被害があった」 ということらしいが、九州よりは東北の方が明らかに 「首都圏に近い」 し、現実に東京都区内でも被害があったことを忘れているようだ。

まあ、やっぱり心の底では東北を軽く見ているってことで、そうした意識がポロッと漏れてしまったのだろう。でも、フツーはこうしたことがつい口をついて出てしまいそうになっても、ギリギリのところで心の中のアラームが鳴るよね。

この人、東大法学部出身だというから、決してお馬鹿ってわけじゃないのだろうが、まるで魅せられたようにお馬鹿な失言を繰り返す。そしてこの人だけじゃなく、政治家というのはなぜか好んで失言をしてしまう 「業」 みたいなものを背負っているようなのだ。

この件に関しては、4年前に "政治家の失言問題と、「上品なジョーク」 がウケない風土" という記事で、「下世話な、あるいはレベルの低すぎるレトリックが問題」 と指摘している。

政治家は地元や支持者の集まりの講演会などで、つい 「リップサービス」 をしてしまうところがある。「私は結構ジョークの通じる、くだけた人間なんですよ」 とばかり、「身近なオッサン」 であることをアピールしたがったりするのだ。これについて、私は次のように書いている。

リップ・サービスしたかったら、少しは上品なジョークを多用すればいいという気もするのだが、私の経験から言わせてもらうと、日本のオッサンたちには上品なジョークって、全然受けないのである。受けないどころか、下手すると 「気取ってる」 なんて受け取られかねない。ウケを狙うとどうしても、下世話に落とさなければいけないというようなところがある。

つまり、我が国の大衆は下世話を欲しながら、まともに下世話で応えられると 「けしからん」 といきり立つ傾向があるのだよね。これはもう、なかなか困ったことなのである。こんな状況だから政治家の方でも、なかなか上品なジョークが上手にならない。

つまり政治家に失言が多いのは、支持者たちが下世話な話を好むからでもあって、こればかりは 「どっちもどっち」 というところがあるのだよね。話し手は基本的に聴衆に合わせて話しするわけだから。

|

« 休みたい! | トップページ | 「ぜひぜひ」 に関する考察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

それにしても、地元の飲み屋でのヨッパライの馬鹿話じゃあるまいし、自分の立場を考えろっちゅ~の(と二の腕を寄せて胸の谷間を強調する(笑))よね。このおぢさん、もしかしてバカなの?(それを言っちゃあおしめぇだよ)

投稿: 野兎鞠子 | 2017/04/27 01:04

>東大法学部出身だというから、決してお馬鹿ってわけじゃないのだろうが、

でしょうけど、頭は悪いですよね(苦笑)。
恐らく温厚だと思われる安倍首相が、さすがにブチ切れたらしいですからねぇ。

投稿: Senna | 2017/04/27 11:33

野兎鞠子 さん:

「だっちゅーの」 って、誰のネタでしたかね。いずれにしても大昔ですな。

「あっちの方でよかった」 的なことをつい言いそうになった時に、心の中のアラームが鳴らないで、するっと言っちゃうってのは、やっぱりお馬鹿なんでしょうかねえ ^^;)

投稿: tak | 2017/04/27 19:35

Senna さん:

彼の顔を見ると、やっぱり感性が未完成 (?) みたいな、年に似合わぬ幼い表情ですね。

お勉強だけはデキた子だったのかなあ ^^;)

投稿: tak | 2017/04/27 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65197859

この記事へのトラックバック一覧です: 「業の深さ」 を感じさせる今村復興相の辞任:

« 休みたい! | トップページ | 「ぜひぜひ」 に関する考察 »