« 子どもの野球離れ | トップページ | 川上音二郎の 『オッペケペ節』 オリジナル »

2017/05/26

「寄り目」 って、できてフツーだったとは!

今年の 7月に 65歳になるが、こんな年になって初めて知ったことがある。それは、「寄り目」 って、できてフツーということだ。ちっとも知らなかった。私は生まれてこの方、寄り目なんてできたことがないから、そんなの特殊能力だと思っていたし、ましてや歌舞伎の見得で片目だけ寄せるなんて、ウルトラ特殊能力と信じて生きてきた。

170526

子どもの頃から、「寄り目のできるやつって、案外いるもんだな」 ぐらいには思っていた。しかしそれは、できるやつが得意になってやって見せているだけで、できない方が多数派なのだろうと思い込んでいた。しかし実際には、ほとんどの人はできるのだが、敢えて人前でして見せたがりはしないというだけのことのようなのだ。

そういえば、ウチの娘は全員できるみたいだし、聞いてみれば妻も 「できるわよ」 と言うのである。だったら初めからしてみせればよかったのにと一瞬思ったが、用もないのに夫にいきなり寄り目してみせる妻というのは、結構素っ頓狂なものだろう。とにかく世の中、本当にわからないものだが、とりあえず遺伝とは関係ないようだ。

近頃、デスクワーク (といっても、ほとんどは PC に向かう仕事) を長く続けることがしんどくなった。目が疲れて、ひどい時には開き続けていることもできなくなるのである。老眼がまた進んでしまったのかと思って眼科に行ったところ、「シャシの可能性があるので、検査しましょう」 と言われた。

「シャシ…… って、それって、斜視…ですか?」
「斜視の可能性がありますね。子どもの頃から寄り目ができないというのは、生まれつき 『フクソーフゼン』 なのかもしれません。若い頃はまだそれでも何とかなったんでしょうが、年齢的に、デスクワークなどを長く続けると、眼精疲労になるんです」

「フクソーフゼン」 とかなんとか言ってたのは、帰宅してググってみて 「輻湊不全」 てやつだとわかった。「輻湊」 というのは、「目を内に寄せる」 ことで、人間は近くのものを見る時には、自然に目が内側に寄るものなのだそうだ。そして私は、この 「輻輳」 ってやつが子どもの頃から苦手なので、デスクワークを続けると目が疲れて仕方がないということらしい。

そう言えば、若い頃は本の細かい字を見る時でも、目を近づけることはしなかった。近づけなくても視力が良かったからちゃんと読めたし、近づけると逆に目が疲れてしまうのである。ところが最近は視力が落ちたので、PC のスクリーンに目を近づけがちになる。すると今度は、目が疲れてしょうがなくなる。どうしようもない二律背反である。

自分が 「斜視」 の可能性があるとは、生まれてから一度も意識したことすらなかったが、この 「輻湊不全」 というのも斜視の一つだというので、本当に驚いた。というわけで、これから 1週間ほど目薬をさし続けてドライアイによる眼球の傷を治してから、斜視検査ってやつを受けなければならなくなってしまったのである。

ふぅ、やれやれ。丈夫だけが取り柄みたいなものなので、年取ってもとりたてて不便は感じていないが、眼だけはちょっと厄介になってきた。

|

« 子どもの野球離れ | トップページ | 川上音二郎の 『オッペケペ節』 オリジナル »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私が世話になっている自転車屋の主人も斜視由来だかのトラブルでメガネを作り直したようです。似たような話かなぁ?

http://tanukicycle.blog75.fc2.com/blog-entry-3268.html

投稿: 山辺響 | 2017/05/30 13:10

山辺響 さん:

ふむふむ、広い意味では似たようなお話なんだと思います。

私の場合は、疲れるとロンパリになるのではなく、眼を寄せることができないので、近くを見続けると眼がショボショボになるという症状です。

ロンパリになってしまうと、中距離でも違和感生じるんでしょうね。疲れるだろうなあ。

投稿: tak | 2017/05/30 19:35

山辺さん、タヌキサイクルさん、相当面白そうな自転車屋さんですね!私の理想の自転車屋さんです!
それはそうと、年取ると「ハ、メ、ホニャララ」の順でガタがくるといいますが、実感としてわかりますね。歯は手入れ次第で長持ちしますが、目は…。ホニャララについてはノーコメント(笑)。
まぁ、ヴィンテージカーのご機嫌を伺いながら乗りこなすのもまた楽しからずや、ですよ!(何のこっちゃ)

投稿: 萩原みずねっちーに | 2017/05/31 23:18

萩原みずねっちーに さん:

いやはや、私の体はヴィンテージカーですわ。本当に (^o^)

投稿: tak | 2017/06/01 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65331171

この記事へのトラックバック一覧です: 「寄り目」 って、できてフツーだったとは!:

« 子どもの野球離れ | トップページ | 川上音二郎の 『オッペケペ節』 オリジナル »