« 「100年以内に地球外移住を」 と、ホーキング博士が警告 | トップページ | 今年もまた蚊の季節になって »

2017/05/08

数を数えるのに節を付けるのは、群馬県に限らない

今日の昼に TBS ラジオを聞いていたら、「群馬県民の数の数え方が独特」 という話題で盛り上がっていた。節を付けて歌うように 20まで数え、運動会の玉入れで入れた玉を数える時なども、全員がその数え方でやるというのである。その数え方は YouTube で見つけたので、下に埋め込んでおいた。

ただ、ラジオを聞いていた私は、「えっ、数を数えるのに節を付けるのって、それ、ごくフツーじゃん。何も群馬県に限った話じゃあるまいよ」 と、驚いてしまったのである。ところが仙台生まれの妻は、「数を数えるのに節なんか付けたことはない」 と言う。

私の生まれた山形県の庄内地方では、上に示した群馬県のものとはちょっと違う節で数えていた。1 から 10 まではほとんど同じだが、11 から先は、こう言っちゃ申し訳ないが、庄内流の方が洗練されていると思う。

それはこんな感じだ (YouTube にアップしたので、下の画像クリックで聞ける)。せっかくだから敢えて庄内の古老風に、かなり濃いめの庄内訛りパフォーマンスとしてみた。重要なポイントは、最後の 「20」 が  「にじゅう」 ではなく 「にんじゅ」 と発音されることで、そうでないとリズムが崩れて画竜点睛を欠く。なお 「に」 は 「ぬ」 との中間音で、英語の "e" の字をひっくり返した発音記号の音に近い。

この数え方は、玉入れの玉を数える時だけじゃなく、風呂に入っていて 「20 数えたら出てもいい」 なんて言われた時に、子どもらは必死になって数えたものなのである。呑気な節に思われるかもしれないが、案外必死のメロディでもあるので、なかなかオモムキがあるのだ。

私が生まれたのは東北日本海側の田舎だったから、子どもの頃は、「数え歌」 というのはこの 「数を数える時の節」 のことだとばかり思っていた。まさか 「♫ 一つとや〜、一夜明ければ賑やかで〜♫」 とか 「♫ 一つとせ〜、人の上には人ぞなき〜 ♫」みたいな歌のこととは、想像も付かなかったよ。

ラジオを聞いていると、津軽や京都をはじめ、日本全国の聴取者から録音データが送られていて、やはりそれは群馬県に限った話じゃないとわかった。ほぅら、やっぱりね。

で、YouTube で検索したら他にも出てきたので紹介しよう。

まず、関西人の数え方(大阪バージョンらしい)

次に、同じ関西でも京都人の数え方。

さすがに京都は、おっとり優雅である

ちなみに、昔は 「いち、にぃ、さん、しぃ……」 じゃなく、「ひぃ、ふぅ、みぃ、よー、いつ、むぅ、なな、やぁ、この、と」 と数えていたんだと思う。奈良時代の日本語の発音を昭和の御代にまで残していた私の祖母 (参照) は、そのように数えていた。その昔は 11 のことは 「とあまりひとつ」、12 のことは 「とあまりふたつ」 とか言っていたらしいので、それを歌うように数えたらずいぶん長くかかってしまう。

というわけで、11 から先の数え方がそれぞれの地方で確立したのは、ずっと時代を下ってからだろう。だから 1 から 10 までの節はそれほどバリエーションがないが、 11 から先はかなりバラバラになっている。

「私の生まれたところでは、ごくフツーに数える」 なんていうのは、単に 「正しい数え方」 が伝承されなかっただけなんじゃあるまいか。でも最近の庄内の子供たちは、伝統的な数え方ができるのかなあ。ちょっと心配になってきた。

|

« 「100年以内に地球外移住を」 と、ホーキング博士が警告 | トップページ | 今年もまた蚊の季節になって »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

私は神奈川県西部、群馬県に近い節をつけますね(でもちょっと違う)。
ただ父・祖母は三河出身なので、どちらの発音を引き継いでいるか、あるいは両親ではなく地元の発音なのか、こんど聞いてみます。

投稿: らむね | 2017/05/12 12:18

らむね さん:

ほほう、神奈川県西部か、三河のどちらの数え方なのか、現段階では保留ってわけですね。

さて、どっちなんでしょう。

投稿: tak | 2017/05/12 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65252615

この記事へのトラックバック一覧です: 数を数えるのに節を付けるのは、群馬県に限らない:

« 「100年以内に地球外移住を」 と、ホーキング博士が警告 | トップページ | 今年もまた蚊の季節になって »