« カモガヤ花粉症ってやつに悩まされている | トップページ | 「女性宮家」 について考えてみる »

2017/05/30

「ワンオペ育児」 って、「1工程で完結する育児」 かと思ったよ

今さら旧聞気味の話だが、ユニ・チャームのおむつの CM で論争が持ち上がったんだそうだ。CM が 「ワンオペ育児を美化している」 と批判される一方、「勇気づけられた」 と擁護する声もあるらしい。(参照

170530

で、このブログで取り上げるってわけだから、毎度のことながらストレートな視線ではない。といっても、敢えてひねっているわけでもなんでもなく、単純な話で、この話題に関しての私の最初の反応は、「ワンオペ育児って何?」 というものだった。我ながら素直すぎるほどの反応である。

もちろん 「ワンオペ」 というのは、"one operation" の省略形なんだろうとは想像がついた。となれば、またまた素直な解釈で、「1工程の育児って、一体どんな風に合理化した育児なの?」 となり、 すぐに 「そんなの、あり得ないでしょ。さっぱりわけわからん」 というところに落ち着いたわけである。

で、例によって Wikipedia で調べてみると、元々は 「人手が不足する時間帯 (特に深夜) を中心に、外食チェーン店などで従業員を 1人しか置かず、全ての労働をこなす行為をさす」 ということらしい。最初にやったのが、牛丼チェーンの すき家と記されている (参照)。

なんだよ。完全に和製英語じゃん。こういうの、本当にやめてくれないかなあ。誰が言い出したのか知らないが、いくら何でも紛らわしい、というより、言葉としてひどすぎる。

Yahoo 知恵袋に 「すき家のワンオペ禁止 ワンオペってなに?」 という質問があり、それに対する 「ベスト・アンサーに選ばれた回答」 というのが、"「one men operation (ワン マン オペレーション )」 店員が一人で全ての業務をすること" となっているのにも呆れた (参照)。なんでまた "one men operation" なんて、中学生に笑われそうな英語がベストアンサーなんだよ。

"One-man operation" とか "one-person operation" と言うべきだなんて指摘もあるようだが、それって、「個人事業」 とかいう意味になるはずだから、やっぱり NG である。

いわゆる 「ワンオペ」 は、私の感覚では 「あり得ない」 話である。それが平気で 「あり得ちゃってた」 のだから、やはりおかしい。元がおかしいんだから、おかしな言葉にするしかなかったのも道理である。で、おかしすぎるから、すき家でも 「ワンオペ」 は廃止されたのだろう。

しかしいくらおかしくても、「ワンオペ育児」 とやらは続くのだろうか。ちなみに、私は我が家の 3人の娘たちの食事やお風呂、おむつの取り替え、寝る時の昔話なんかも、結構やったよ。とくに昔話は毎晩せがまれて、同じ話を何百回もやった。

|

« カモガヤ花粉症ってやつに悩まされている | トップページ | 「女性宮家」 について考えてみる »

言葉」カテゴリの記事

コメント

「元がおかしいんだから、おかしな言葉にするしかなかったのも道理である」、したがって、まともな英語表現を考える必要もないのかもしれませんが、敢えて言うなら何でしょうね~。

single-o(single operation)という俗語があるようですが、そのへんかなぁ。

投稿: 山辺響 | 2017/06/01 09:38

山辺響 さん:

One-man operation は 「個人事業」 という意味ばかりと思ってましたが、改めて調べてみたら、single person train operation (SPTO) というのもあるんですね。運転士だけの列車運行をいうようです。

"Single person fast food franchise operation" (SP3FO) なんて造語が誕生したりして。

投稿: tak | 2017/06/01 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65345688

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワンオペ育児」 って、「1工程で完結する育児」 かと思ったよ:

« カモガヤ花粉症ってやつに悩まされている | トップページ | 「女性宮家」 について考えてみる »