« 笠置シヅ子の偉大さ | トップページ | 最強の命知らず »

2017/05/13

「明鏡止水」 を絵に描いたような光景

この時期の田舎の光景は、かなり美しい。水の張られた田んぼに植えられた早苗がまだ小さく、スカスカの水面にあたりの景色がくっきりと映り込み、上下対称の美が現出する。遠目には田んぼの水面が早苗の緑でうっすらとフィルターがかかったように見えて、なかなかのものだ。

170513

「明鏡止水」 という言葉があって、これは 「一点の曇りもない心」 のこととされているが、そんなもったいぶったことを言わなくても、まさに 「明鏡止水」 を絵に描いたような光景があちこちに見られる。こんな光景を見ていたら、心に 「曇り」 を抱くなんてうっとうしすぎて馬鹿馬鹿しくなる。

それでまた、4月頃まではかなり春風の強い日が多く、田の面にもさざ波どころではない波が立って、周囲の景色がきれいに映り込まないのだが、5月の声を聞くと不思議に風のない日が多くなる。風さえなければ、この時期の田んぼは 「明鏡」 そのものなのだ。今日は残念ながらずっと雨降りでそれは見られなかったが。

で、5月も半ばを過ぎて 6月が近くなると、田んぼの苗も少し大きく育ち、隙間が小さくなる。すると 「明鏡」 の田んぼではなくなるが、今度は青々とした初夏の光景となる。田んぼというのはまあ、田舎の光景をかなり決定づけるほどの要素だ。

このハイテクの時代に、こうした田んぼの光景が周り中にあるというのは、なかなかありがたいことで、都会に住んでいては味わえないものがある。

|

« 笠置シヅ子の偉大さ | トップページ | 最強の命知らず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65270896

この記事へのトラックバック一覧です: 「明鏡止水」 を絵に描いたような光景:

« 笠置シヅ子の偉大さ | トップページ | 最強の命知らず »