« 納豆の 「タレ」 再考 | トップページ | 茨城県の 「男余り率」 は、日本一 »

2017/06/17

ウシガエルの鳴く日

6月 7日の 「ヨシキリの鳴き声 2」 という記事で、「人間は太古の昔から、カエルや鳥の声に囲まれて来たので、それをうるさくは感じない遺伝子になってしまったのだろう」 と書いた。それはあのウシガエルの鳴き声でも同じで、昼となく夜となく 「ブォー、ブォー」 と盛大に鳴いているが、案外平気で安眠できる。

中にはウシガエルの鳴き声を知らない人もいて、気味悪がって 「何の騒音でしょう?」 なんてネットで質問している人までいる。ウシガエルの滅多にいない北海道生まれの人は、本州に引っ越して初めてウシガエルの声を聞くと、本当にびっくりしてしまうようだ。

かくいう私も、山形県庄内地方で暮らしていた高校時代までは、ウシガエルの鳴き声なんて聞いたことがなかった。大学に入って東京に住むようになり、善福寺公園の池の畔ではらわたを震わせるような鳴き声聞いて、「これが噂のウシガエルか!」 と、ちょっと感動したのを覚えている。

「うるさくて眠れない」 なんて言う人は、自然の音への耐性がないのだろう。あるいはウシガエルは20世紀になってから日本に入ってきた外来種だから、遺伝子がものすごくドメスティックな人は、ダイナミックな鳴き声に弱いかもしれない (などとテキトーなことを言う)。

というわけで、ウシガエルの鳴き声を知らない人のために、裏の川土手で取った音声入り動画をアップしてみた。風の音、ヨシキリの声の中で、一際大きく響いてくるのが、ウシガエルの鳴き声である。途中でモンシロチョウが飛ぶ姿もちらりと映っている。

都会のコンクリート・ジャングルの中で暮らしている人は、この動画でちょっとだけリラックスできるかもしれない。いや、驚いちゃうかな。

夜になるとその鳴き声はさらに賑やかになる。10日の 「和歌ログ」 にあげたのだが、こんな具合である。(暗くてよく見えないので、画像サイズは小さめにした)

|

« 納豆の 「タレ」 再考 | トップページ | 茨城県の 「男余り率」 は、日本一 »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

早速ようつべで楽しみました!良いですね~、良いですね~!花は咲き鳥はさえずり、爽やかな風が頬をなで、ウシガエルはテノールで唄う!
あれっ?あすこに居るのは我が最愛のT中さんでは?T中さぁ~ん(夢想中)

投稿: 萩原ゲンセンカン主人 | 2017/06/18 22:30

萩原ゲンセンカン主人 さん:

T中さん って、誰だろう?
気になる。

投稿: tak | 2017/06/19 02:46

あぁ、ウシガエルは家の近くの古代ハスがある公園にもいますが、声はテノールじゃないですね。あえて言うならバスですね。間違えました(恥)

投稿: 萩原ゲンセンカン主人 | 2017/06/19 10:55

萩原ゲンセンカン主人 さん:

ウシガエルは、どう聞いてもバスですね (^o^)

ちなみに 『筑波山麓合唱団』(永六輔:作詞) では、

 セカンドテナー: あまがえる
 ベース: ガマ蛙
 バリトン: 殿様蛙
 テナー: かじか

ということになってます。がま蛙はさらに、コンダクターまで務めていて、筑波山麓の主は、やっぱり 「四六のがま」 なんですね。

さすがにウシガエルは登場しませんね (^o^)

投稿: tak | 2017/06/20 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65389058

この記事へのトラックバック一覧です: ウシガエルの鳴く日:

« 納豆の 「タレ」 再考 | トップページ | 茨城県の 「男余り率」 は、日本一 »